リスク(LISK/LSK)を効率よく購入する方法を紹介!必要最低限の手数料でLISKを購入しましょう!

こんにちわ。 まなすけまなこ(manasukemanako)です。

今回は暗号資産(仮想通貨)のリスク(LISK/LSK)を効率よく購入する方法を紹介していきます。実際にまなすけまなこもこの手順でリスクを毎月仕入れています。

これからリスク(LISK/LSK)の購入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

blankまなすけ
スプレッド(売買幅)が広いbitFlyer、CoinCheckの販売所でLSKを購入するのはもったいないです

事前準備(口座開設)

まずはじめに、LSKを購入するために国内取引所と海外取引所の口座開設、Lisk Walletの準備をする必要があります。口座開設手順については以下を参考にしてみてください。

国内取引所はbitFlyer、CoinCheckをはじめ多くの取引所があるので、以下の参考に挙げた取引所以外で口座を開設しても問題ありません。利用しやすい取引所で口座を開設しましょう。

国内取引所

bitFlyer(ビットフライヤー)

①メールアドレス登録

公式サイトにアクセスして、右上にある無料アカウント作成をクリックしましょう。

以下の4パターンで無料アカウント作成ができます。

  • メールアドレス
  • Facebookアカウント
  • Yahoo!ID
  • Google

セキュリティ面からメールアドレス登録がおすすめです。

②メール受信

登録したメールアドレス宛にビットフライヤーからメールが送信されているので確認しましょう。

メールに「キーワード」が記載されているのでコピーしておきます。

メールのリンクからビットフライヤーへアクセスを行い、先ほどコピーした「キーワード」を入力してください。

③利用規約及びその他確認事項の確認

キーワード入力後に利用規約やプライバシーポリシーが表示されるので、確認事項を確認してすべての項目にチェックを付けましょう。

チェックが完了するとメールアドレスの登録は完了になります。

④個人情報の入力

ビットフライヤーのサイトから「ご本人情報のご登録」をクリックして、氏名、性別、生年月日、住所、電話番号を入力してください。

後で本人確認書類の提出があるので、同じ内容を記載するよう注意しましょう。

⑤本人確認書類の提出

ビットフライヤーのサイト上で本人確認書類の提出ができます。

以下の一覧から選択して提出しましょう。

本人確認書類

  • 運転免許証(裏面も提出)
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 各種健康保険証・共済組合会員証(カード型健康保険証)
  • 住民票の写し
  • etc…

提出する際は、二度手間にならないよう写真が鮮明に写っていることや有効期限内であることを確認してアップロードしてください。

⑥取引目的等の確認

ビットフライヤーのサイトから「お客様の取引目的等のご確認」をクリックして、取引目的等の質問に答えましょう。

該当する方はほとんどいないと思います。

⑦銀行口座登録

ビットフライヤーのサイトから「銀行口座情報の登録」をクリックして、日本円の入金、出金する銀行口座を登録しましょう。

blankまなすけ
おすすめは「住信SBIネット銀行」だよ

⑧2段階認証設定

補償制度の対象条件になっているので、忘れずに設定しましょう。

ビットフライヤーでは3種類の2段階認証を利用できますが、おすすめは認証アプリを利用した2段階認証です。

電子メールの場合は、メールサーバーがハッキングされて2段階認証を突破される可能性もあります。

  • 認証アプリ
  • SMS認証
  • 電子メール

事前にGoogle認証アプリを端末にインストールしておくとスムーズです。

Google Authenticator

Google Authenticator

Google LLC無料posted withアプリーチ

⑨ビットフライヤーからのハガキを受け取る

ビットフライヤーから転送不要のハガキが郵送されるので受け取りましょう。

ハガキを受け取るとビットフライヤーに受け取りされた旨が通知されて口座開設完了となります。

CoinCheck(コインチェック)

①メールアドレス・パスワードの登録

コインチェックにアクセスをして口座開設をします。

TOPページで直接メールアドレス・パスワードを入力するか、右上の新規登録をクリックしてメールアドレス・パスワードの入力をしましょう。

メールアドレス・パスワードを入力後に、登録されたメールアドレスにコインチェックからメールが送信されるので確認してください。

②コインチェックからのメール確認

コインチェックから以下のようなメールが届きますので、本文にあるリンクをクリックしましょう。

③本人確認書類の提出

メールアドレスのリンクをクリックすると仮登録完了です。以下の画面が表示されるので、まずは本人確認書類の提出を進めていきましょう。

本人確認書類の提出をする場合、はじめに電話番号によるSMS認証が必要です。SMS認証後に本人確認書類の提出をしましょう。

本人確認書類の種類

  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • マイナンバーカード
  • パスポート
  • 在留カード
  • 住民基本台帳カード

運転免許証のように裏表があるものは、裏表の2画面の画像が必要になります。

また、コインチェックでは本人確認書類と「IDセルフィ―」という証明書が必要です。「IDセルフィー」の撮り方については以下を参照ください。

<撮影のポイント>
・本人確認書類を手に持った状態で、お客様のお顔全体と書類全体が1つの画像の中に納まるように撮影してください
・本人確認書類の文字、お顔が鮮明であることにご注意ください
・透かし文字を入れる、その他画像への加工はご遠慮ください
・明るい場所で撮影してください
・サングラスやマスクなどを着用した撮影はお控えください
・お申込みされるお客様のみ写るように撮影してください
・IDセルフィー画像に不備が確認された際は、再度提出いただく場合がございます

参考:https://coincheck.com/ja/info/faq_posts/58

④各種重要事項の確認

本人確認書類の提出後は、各種重要事項の確認を進めていきましょう。

「各種重要事項を確認する」をクリックすると各種重要事項が表示されるので、一つ一つ確認してチェックしましょう。

⑤2段階認証の設定

最後に2段階認証を設定していきましょう。

事前にGoogleの認証アプリをインストールしておくとスムーズに設定することができます。

Google Authenticator

Google Authenticator

Google LLC無料posted withアプリーチ

 

  1. コインチェックの画面左上にある設定アイコンをクリック
  2. 2段階認証をクリック
  3. 認証アプリのインストール
  4. 認証アプリに表示された6桁の番号を入力
  5. 2段階認証設定完了

GMOコイン

①メールアドレスの登録

まずはメールアドレスの登録をしましょう。パソコンでは右上に口座開設のボタン、スマホでは左上のメニューをクリックすると口座開設のボタンが表示されます。

メールアドレスを入力後に「私はロボットではありません」にチェックをして、無料口座開設ボタンをクリックしてください。

無料口座開設ボタンをクリックすると、以下のように認証メールが送信されます。

②パスワード設定

GMOコインから受信したメールに記載されているURLにアクセスしてパスワードを登録しましょう。

パスワードは、大文字小文字、英数字や記号を入れたパスワードにしてください。複雑なパスワードにすると覚えることができないので、スマートフォンやパソコンではなく紙に記入して保存しておきましょう。

③ログインと2段階認証設定の登録

GMOコインでは、一番最初のログインでも2段階認証設定の登録が必要になります。

二段階認証設定の登録には電話番号の登録が必要になりますので、まずは電話番号の登録をしましょう。

携帯電話番号を登録した場合はSMS、固定電話番号を登録した場合は音声によりコードが案内されます。

二段階認証コードの確認後、登録して「認証する」ボタンをクリックすれば登録完了になります。

2段階認証ではGoogle認証アプリが必要になるので、事前に端末にインストールしておきましょう。

Google Authenticator

Google Authenticator

Google LLC無料posted withアプリーチ

④個人情報等の登録

氏名、性別、生年月日、住所、電話番号等を入力しましょう。

後で本人確認書類の提出があるので同じ内容を記載するようにしてくださいね。

⑤本人確認書類の提出

④個人情報等の登録完了後、本人確認方法の画面が表示されますので、本人確認書類の画像をアップロードしましょう。

本人確認書類の注意点

  • 本人確認書類の写真が鮮明に映っていることや有効期限内であることを確認しましょう。
  • 本人確認書類の提出は、ウェブアップロード・対面にて本人確認書類の提示から選択することができます。

⑥郵送による本人確認

以下の手順で郵送による本人確認を行いましょう。

  1. 佐川急便から「口座開設のお知らせ」が届くので受け取る
  2. 記載された口座開設コードをログイン後の画面にて入力
  3. 本人確認完了
blankまなすけ
すべて口座開設していますが、GMOコインが暗号資産の送金手数料無料なのでよく利用しています

海外取引所

BINANCE(バイナンス)

\国内で購入できない通貨が購入できる/

BINANCEの公式サイトはこちら

①メールアドレスとパスワードの入力

BINANCEにアクセス後、メールアドレスとパスワードの入力をしてください。入力したらCreate accountをクリックしましょう。

②activation codeの入力

Create accountをクリックすると、入力したメールアドレス宛にBINANCEからメールが届きます。

本文に6桁のactivation codeが記載されているので、ページに戻って6桁のactivation codeを入力するとアカウント登録完了です。

6桁のactivation codeを入力すると以下のページが表示されるので、右上にあるGo to Dashboardをクリックしてください。

③2段階認証の設定

①②だけでBINANCEのアカウント登録は完了しますが、デフォルトでは何もセキュリティ設定ができていない状態なので危険です。Go to Dashboardをクリックすると2段階認証設定の注意画面が表示されるので、このタイミングで必ず設定しておきましょう。

SMSでも設定できますが、今回はGoogle認証システムを利用していきます。

Google verificationをクリックすると以下が表示されます。まだスマホにGoogle認証システムアプリをインストールしていない方はここでインストールしましょう。

既に登録されている方はNextをクリックしてください。

次にGoogle認証システムのコードが表示されます。Google認証システムアプリでQRコードを読み取りましょう。

スマホが故障した場合、Google認証システムも一緒に利用できなくなる可能性があるため、Step3で表示されるコードを必ずメモしておいてください。

最後にGoogle認証システムの有効化をしていきますが、この手順が少し分かりづらいので注意してください。

まずはじめに①のSend codeをクリックします。クリックすると登録したメールアドレスに6桁の数字が送信されるので確認してください。

確認した6桁の数字を②の箇所に入力します。③にはGoogle認証システムのコードを入力しましょう。

入力後にSubmitをクリックするとGoogle認証システムの有効化完了です。

Anti-Phishing Codeの設定

Anti-Phishing Codeを設定することで、Binanceを騙る詐欺メールやフィッシングメールを防ぐことが期待できます。2段階認証と一緒に必ず登録しておきましょう。

Dashboardの真ん中付近に以下のセキュリティ設定画面が表示されているのでAnti-Phishing Codeをクリックしてください。

4~20桁までのAnti-Phishing Codeを入力してください。

Anti-Phishing Codeを入力後、Google認証システムのコードを入力して有効化完了です。

今後、BINANCEのウォレットに入金した際や、ウォレットから送金する際のメールにAnti-Phishing Codeが表示されるようになります。

この数字が合っていることを確認して送金などを行いましょう。

BINANCEの初期アカウントでは1日最大2BTCの出金制限がかかっています。2BTC以上の出金をしたい場合は身分証明書の提出が別途必要です。

身分証明書

  • パスポート
  • 運転免許証(国内免許証でOK)
  • 身分証

身分証明書を提出する際、身分証明書以外に自身の顔をスマホで撮って提出する項目もあります。身分証明書の提出が完了すると1日最大100BTCまでの出金が可能です。

blankまなすけ
少額取引の場合は必要ないですね

Lisk Wallet

blank LISKの間接的フォージングで不労所得!ステーキングと比較した利率・年率から手順まで紹介!
blankまなすけ
Lisk Walletのダウンロード方法は上記記事を参照してください

目次へ戻る

LISK/LSKの購入手順

①国内取引所に入金

はじめに、bitFlyer、CoinCheck、GMOコインなどの国内取引所にお金を入金しましょう。入金手数料がかかる場合もあるので、なるべく手数料がかからない手段で入金してください。

  • bitFlyer、CoinCheck、GMOコイン → 住信SBIネット銀行(おすすめ)

銀行によっては200円~440円ほど手数料が取られるところもあります。この時点で1LSK~2LSK分を損することになるので注意してください。

②国内取引所で暗号資産を購入

国内取引所で、BINANCEで取り扱っている暗号資産を購入(BTC・ETH・XRP等)しましょう。

急ぎでなければBTCがおすすめです。

少しでも早くLSKを購入したい場合は、GMOコインの取引所でXRPを購入してBINANCEに送金を行い、BINANCEでXRP→BTC→LSKに交換するのが一番早いです。が、売買手数料やBINANCEのレート(XRP→BTC)次第では損することがあるので注意してください。

blankまなすけ
最初はBTCを購入してそのままBINANCEに送金するのがおすすめです

③BINANCEに暗号資産を送金

②で購入した暗号資産のウォレットアドレスをBINANCEで確認後、送金しましょう。

はじめて暗号資産を送金する際は、念のため少額(1LSKなど)で1回送金して問題なく入金できていることを確認してください。入金確認後に送金したい分の暗号資産を送金するのが安全です。

送金速度はXRP→ETH→BTCの順番です。BTCの場合は送金手続き後、BINANCEに入金するまで少し時間がかかります。

blankまなすけ
送金するアドレスを間違える可能性があるので、はじめて暗号資産を送金する際は必ず少額で行いましょう!

④BINANCEでLSKに交換

国内取引所から入金された暗号資産(BTC・ETH・XRP)などをLSKに交換しましょう。

BINANCEのマーケット画面から、以下のようにBTC市場を選択してLSKを検索すると簡単にLSK/BTCのペアを見つけることができます。

blankまなすけ
購入方法は日本の取引所とほぼ同じです!指値(リミット)・成行(マーケット)とレート、購入枚数を指定して交換しましょう

BINANCEの売買手数料は、通常メイカー/テイカー共に0.1%の手数料となっていますが、BNBで手数料を支払うと-0.025%された0.075%になりお得に利用することができます。

今後もBINANCEで暗号資産の売買をされる予定の方は、BNBを何枚か保有しておくと手数料を下げることができるのでおすすめです。

⑤BINANCEからLISK Walletの口座に送金

BINANCEでLSKに交換後、自身のLisk Walletのアドレスに送金しましょう。

まず、画面右上にあるウォレットのプルダウンメニューにスポットウォレットがあるのでクリックします。

クリックすると以下の画面が表示されるので、LSKを検索してください。アクションに入金・出金・Tradeとあるので、今回は出金をクリックします。

以下が送金画面になります。ここも国内取引所とほぼ同じで受取側のLSKアドレス、送金額、Google認証システムのコードを入力することで送金可能です。

ただし、Google認証システムのコードの入力完了だけでは送金はされないので注意してください。

Google認証システムのコード入力後、登録したメールアドレスにLSKアドレスと送金額が記載されたメールが送信されるので、内容を確認して問題なければメール本文のリンクをクリックしてください。

クリックすると正式にBINANCEからLisk Walletに送金されます。

blankまなすけ
メールの確認までしないと送金されないので注意しましょう!

blankまなすけ
これでLSKの購入は完了です!Lisk Walletで間接的フォージングをするのを忘れないようにしましょう
blank LISKの間接的フォージングで不労所得!ステーキングと比較した利率・年率から手順まで紹介!

目次へ戻る

LISK/LSKの売却手順

LISK/LSKの売却は購入時の逆手順で行えばOKです。

LSKの売却手順
  1. LISK WalletからBINANCEの口座に送金
  2. BINANCEで国内取引所で取り扱っている暗号資産に交換
  3. 国内取引所に暗号資産を送金
  4. 国内取引所で暗号資産の売却
  5. 国内取引所から銀行口座に送金

目次へ戻る

販売所で売買した場合との比較結果

紹介してきた手順でLSKを売買した場合と国内販売所で売買した際の比較結果を紹介します。

国内販売所で購入した場合

CoinCheck

(販売所)

10,000通貨売却 1通貨売却 価格(1LSK) 1通貨購入 10,000通貨購入
170.95円 171.69円 180.85円 190.55円 192.41円
-5.47% -5.06% +5.36% +6.39%

紹介した手順で購入した場合

BINANCE

(取引所)

10,000通貨売却 1通貨売却 価格(1LSK) 1通貨購入 10,000通貨購入
179.4円 180.7円 180.85円 181円 182.1円
-0.8% -0.1% +0.1% +0.7%

※取引所の板の状況によっては売買金額に差分が生じる場合があるので注意してください

販売所でLSKの売買をした場合、購入時約5%、売却時約5%が追加、取引所で売買した場合は板の状況、売買する枚数によって異なりますが、0.1%~0.8%が追加されます。

仮に販売所・取引所で10,000LSKを購入して、その後、価格が+10円になって売却した場合の計算結果が以下です。

販売所

  • 10,000LSK × 192.41円(180.85×106.39%) = 1,924,100円(1LSK=180.85円)
  • 10,000LSK × 180.41円(190.85×94.53%)= 1,804,100円(1LSK=190.85円)
  • 1,804,100円 – 1,924,100円 = -120,000円

取引所

  • 10,000LSK × 182.1円 (180.85×100.7%)= 1,821,000円(1LSK=180.85円)
  • 10,000LSK × 189.3円 (190.85×99.2%)= 1,893,000円(1LSK=190.85円)
  • 1,893,000円 – 1,821,000円 = +72,000円

結果、販売所を利用した場合1LSKが10円上がっても-120,000円のマイナス収支となる結果に…一方、取引所を利用した場合は+72,000円のプラスとなっています。

販売所は国内で簡単に売買できるので便利ですが、現在のスプレッドのままでは利用することをおすすめしません。

LSKをはじめとする暗号資産は、少し手間がかかりますが販売所ではなく取引所で売買するようにしましょう。

国内取引所で購入できる暗号資産は国内取引所で、国内取引所で購入できない暗号資産は今回の手順で海外取引所(BINANCEなど)で購入するのがおすすめです。

blankまなすけ
価格については若干上下するところもありますが、おおよそこのぐらいの価格・手数料で売買することなります

※2020年8月26日時点の価格、取引所の板状況、入金手数料・送金手数料を省略した値で比較しています

目次へ戻る

まとめ

暗号資産を購入したことがない方、取引所で暗号資産を購入したことがない方、海外取引所を利用したことがない方は、少しハードルが高いと感じられるかもしれませんが、実際に行ってみると意外と簡単に取引をすることができるとわかるはずです。

bitFlyer、CoinCheckの販売所で購入するのは簡単ですが、スプレッド(売買幅)があるため、購入した時点で数%のマイナススタートになってしまいます。売却時もスプレッドで数%利益がなくなってしまうことになります。

これからLSKを購入したい方、まだ販売所でLSKを購入している方は、今回紹介した手順でお試し購入してみてください。販売所で購入するよりもより多くのLSKを購入することができます。

blankまなすけ
ただし!…国内取引所から海外取引所に送金中にBTCやLSKの価格が急激に下落した場合は損する場合もあります…のでご注意ください

目次へ戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA