テーマ投資のFOLIO(フォリオ)の特徴からサービス内容を紹介!気になる分野に直感的に投資

FOLIO(フォリオ)とは?

ここがポイント!

  • 1万円から投資可能
  • 80種類以上のテーマから選択して投資
  • 売買手数料が0.5%と安い
  • 日本投資者保護基金で1,000万円まで補償
  • 直感的に投資をやりたい方におすすめの投資

こんにちわ。

まなすけまなこ(manasukemanako)です。

投資というと株式や投資信託、つみたてNISA、ロボアドバイザーなどがありますが、今回紹介するフォリオは「テーマ」を選んで投資をすることができる新しい投資サービスです。

テーマの中には「人工知能」や「5G(次世代通信システム)」をはじめ、「もしバフェットが日本株を買ったら」というネタのようなテーマもあります。

大阪万博が決まったのでテーマ投資で大阪に投資したり、ファーウェイ問題で注目されている5G(次世代通信システム)といったテーマに投資することも可能です。

「テーマ」に特化した投資サービスを提供するフォリオについて、特徴からサービス内容、メリット・デメリットまで詳しく紹介していきます。

FOLIO(フォリオ)の特徴

テーマ投資

フォリオは企業を選んで投資するのではなく、テーマを選んで投資する新しい投資スタイルです。テーマは80種類以上もあるので、人工知能・カジノ・ドローン・5G(次世代通信システム)のこれから期待できるテーマに投資することができます。

各テーマに応じてフォリオのプロが厳選した有望企業10社で構成されるので、リスクを分散した投資が可能です。

また、長期運用中に崩れやすい銘柄の保有比率や相場変動時にポートフォリオを適切なバランスに保つよう、定期的にリバランス(銘柄・保有比率の見直し)の提案もしてくれます。

注意点

  • リバランス時も取引手数料(0.5%)がかかるので注意してください
分野 テーマ
テクノロジー 宇宙開発・サイバーセキュリティ・人工知能・自動運転車・etc…
国策 人手不足・キャッシュレス・カジノ・シニアビジネス・リニア新幹線・etc…
エンターテインメント VR(仮想現実)・ゲーム・e-sports・コスプレ・etc…
美容 アンチエイジング・再生医療・メンズコスメ・etc…
日本 観光・ロボット・温泉・etc…
世界 インド・ベトナム・中国・ロシア・etc…
コーヒー・寿司・麺・お酒・etc…

1万円台から投資可能

フォリオを利用せずに株を分散購入すると何十万円もかかってしまいますが、フォリオのテーマ投資は単元未満株の売買が可能なので1万円台で複数の株式へ投資することができます。

blankまなすけ
1万円台で有名企業の株式に分散投資できるのは良いですね

投資スタイルを選択できる

フォリオではテーマ選択後に4つの投資スタイルを選ぶことができ、各投資スタイルによって購入銘柄の株数が変わります。

運用スタイル

  • バランス型:リスクとリターンのバランスをとった基本的な投資スタイル
  • ディフェンス型:銘柄の価格変動リスクをなるべく抑えることを狙う投資スタイル
  • グロース型:銘柄の成長性を重視し、企業の更なる成長を狙う投資スタイル
  • バリュー型:銘柄の割安さを重視し、将来的な割安の解消を狙う投資スタイル
blankまなすけ
自分に合った投資スタイルを選びましょう

リバランスによる配分調整

フォリオではテーマ投資後に資産の配分調整(リバランス)を提案してくれます。

リバランスは相場変動などで変化した投資配分比率を調整する大切なことなので、運用スタイルに沿った投資を実現するためにも、定期的にポートフォリオ(資産配分)を確認・修正していきましょう。

ただし、フォリオのリバランスに同意して調整をすると手数料(0.5%)が別途かかるので注意が必要です。リバランスの頻度が高いとそれだけ手数料がかかるので、頻繁にリバランスするのはおすすめしません。

スマホアプリ対応

FOLIO(フォリオ)

FOLIO(フォリオ)

FOLIO Co, Ltd.無料posted withアプリーチ

フォリオ専用スマホアプリを利用することで、資産運用状況の確認をいつでもどこでも確認することができます。

特定口座で確定申告不要

フォリオのテーマ投資を「特定口座(源泉徴収あり)」ですることで、フォリオ側で税金の計算から納税をしてくれるので確定申告が不要です。

blankまなすけ
自分で確定申告しなくていいので楽ですね

日本投資者保護基金による補償

フォリオでテーマ投資をしている時に「フォリオが倒産した…」となった場合でも、日本投資者保護基金により1,000万円までは資産が補償されるので安心してください。

フォリオでは、お客様からお預かりする有価証券や預り金について、法令に従い「分別保管」を行っております。

この分別保管により、フォリオが倒産した場合でも、お預かりした資産はお客様に返還されます。

また万一の顧客分別金の不足にそなえ「日本投資者保護基金」にも加盟しており、万全な体制を整えております。

これは、「1. 寄託手続きなどの処理を行っている間に破綻が生じた場合」、「2. 破綻証券会社が顧客資産の流用など分別保管のルールを遵守していなかった場合」にお客様の損失(資産の毀損や返還遅延など)を保証するものです。

なお、お客様1人あたり1000万円が上限となっております。

引用元:https://folio-sec.com/support/help/faq#bankruptcyeffects

目次へ戻る

FOLIO(フォリオ)のメリット・デメリット

メリット

メリット
  • テーマを選ぶだけで複数企業に分散投資ができる
  • 1万円台から投資ができる

フォリオの一番のメリットは気になったテーマを選ぶだけで、そのテーマに合った複数企業に分散投資が簡単にできることです。

また、通常は単元未満では株は購入できないため、複数企業に投資をすると数十万円以上の資金が必要になりますが、1万円台から投資を始められるので用意する資金も少なく気軽に始められます。

デメリット

デメリット
  • リバランスに売買手数料0.5%がかかる
  • NISAに対応していない
  • 企業から定期的に郵便物が届く

リバランスを提案してくれるのは助かりますが、いざリバランスをすると売買手数料0.5%が別途かかってしまいます。

blankまなすけ
手数料はなるべく抑えたいところ

定期的にリバランスをしていると手数料分が損してしまうことになるので注意が必要です。

フォリオはNISAに対応していないので利益に20.315%(所得税15.315%+住民税5%)の税金がかかります。NISAをまだ利用していない方は、まずはNISAで株を購入して運用しましょう。

つみたてNISAとは?仕組み・iDeCoとの違い・おすすめ商品まで詳しく紹介

テーマを選ぶと複数企業に分散投資されるので企業から定期的に郵便物が届きます。皆さんの評判からこの郵便物が以外と多くネックであることがあるようです。

目次へ戻る

ロボアドバイザー「ROBO PRO」

フォリオはテーマ投資以外にロボアドバイザーの「ROBO PRO」を提供しています。

ROBO PROはAI技術を用いたロボアドバイザー投資で、過去5年間の収益率シュミレーション結果「8.5%(年率)」を実現されています。

ROBO PRO

  • 金融機関向けにAI技術を提供しているAlpaca社※と協業して開発されたロボアドバイザー
  • AI技術によるマーケット予測とダイナミックな運用で利益の追求と損失の軽減

40種類以上のマーケットデータを利用

ROBO PROでは世界各国の株式指数や債券・通貨など、40種類以上のマーケットデータを利用して統計的に処理。

処理された大量のデータの中からスコアが高いものを選択して評価をしていきます。性能のばらつきが少ないスコアを利用して、価格変動の安定を目指した最適な資産配分を計算して運用。

1ヵ月に1回リバランスをを行い最適な資産配分を維持してくれるので、安定した資産運用を自動で行ってくれます。

blankまなすけ
ロボアドバイザー「ROBO PRO」もチェックしておきましょう

目次へ戻る

FOLIO(フォリオ)の注意点

blankまなすけ
FOLIOのテーマ投資を利用する前に必ずチェックしておきましょう
  1. 20歳以上からFOLIO(フォリオ)で投資可能
  2. 持ち株数に応じて配当金が分配
  3. テーマ投資・おまかせ投資合わせて特定口座で損益通算が可能
  4. 株主優待は一定以上の株を保有する必要があるので基本的に受けられない
  5. NISA・つみたてNISAには対応していない
  6. 株式に投資するので定期的に企業から郵便物が届く
  7. 似たようなテーマでは銘柄が被る可能性がある

FOLIOのテーマ投資は1万円台から気軽に複数企業へ分散投資することができますが、同じ株式投資なのにNISAに対応していない、株主優待は受けられない等のデメリットがあることは覚えておきましょう。

目次へ戻る

FOLIO(フォリオ)の評判

複数企業に分散投資しているので郵便物が多いようですね…投資に慣れてくるとフォリオのテーマ投資では満足できずに卒業される方も。

また、フォリオのテーマ投資を利用するのではなく参考にされる方もいます。フォリオではテーマごとの収益ランキングが見れるので、どの分野の企業が収益を上げているのか、需要がある分野を確認することができて便利です。

blankまなすけ
気軽に分散投資できるのはおすすめポイントですね

目次へ戻る

FOLIO(フォリオ)の始め方

STEP1
アカウント登録
まずはフォリオでアカウント登録をしましょう
STEP2
本人確認書類の提出
マイナンバー書類と運転免許証等の本人確認書類の画像をアップロード
STEP3
ウェルカムレター
フォリオの審査後にウェルカムレターが届くので受け取ります。受取後にマイページで諸手続きを行い口座開設完了
STEP4
入金
銀行振込またはリアルタイム入金で入金しましょう
STEP5
投資開始
テーマを選んで資産運用開始

まとめ

ここがポイント!

  • 1万円から投資可能
  • 80種類以上のテーマから選択して投資
  • 売買手数料が0.5%と安い
  • 日本投資者保護基金で1,000万円まで補償
  • 直感的に投資をやりたい方におすすめの投資

フォリオのテーマ投資は投資初心者の方や直感的に投資を始めたい方におすすめです。

1万円から気軽に分散投資ができて、日本投資者保護基金の補償で預金と同じ補償を受けられるのも大きなポイントですね。

自分で投資先を考えずとも、フォリオがテーマに沿って選定した企業に少額で分散投資することができるので、手間がかからず事前知識も不要なので簡単です。

天才棋士の羽生さんも「直感の7割は正しい」と述べられているように、今までの知識・経験から、自分の直感を信じて投資するのも大切かもしれませんね。

同じテーマに沿った企業に投資することになるので、一つのテーマに投資するのではなく、複数のテーマに分散投資することをおすすめします。

テーマ投資に興味を持たれた方はこの機会にFOLIOを利用してみてください。

目次へ戻る

その他の投資記事

blankまなすけ
1つの投資先だけではなくリスクリターンを考えて投資先も分散させましょう

目次へ戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA