【伊勢旅行③】伊勢神宮内宮参拝とおかげ横丁で伊勢グルメ堪能

伊勢神宮外宮を参拝したら内宮に行ってみよう!

こんにちわ。

まなすけまなこ(manasukemanako)です!

今回は伊勢旅行2日目に巡った伊勢神宮内宮について詳しくレポートしたいと思います。

伊勢旅行1日目の伊勢神宮外宮参拝の様子はコチラから↓

【伊勢旅行②】伊勢神宮外宮を満喫しよう!おすすめスケジュールをご紹介!

伊勢市駅から伊勢神宮内宮へのアクセス

今回伊勢旅行の拠点として宿泊したのは伊勢市駅前の三交インさんです。ホテルをチェックアウトして内宮観光へ出発しましたが、チェックアウト後も荷物を預かって頂きました。

ホテルチェックアウト後、まずは伊勢市駅前のバス停から伊勢神宮内宮を目指します。

伊勢神宮内宮行は10番乗り場から

伊勢市駅の目の前にバス停がありますので、10番乗り場から内宮行のバスに乗車しましょう。

(出典:三重交通株式会社HPよりお借りしました)

内宮前で降りるとすぐ目の前が内宮入口です。

おかげ横丁を通って内宮を目指したい方は一個手前の「神宮会館前」で降りるといいと思います。

まなこ
早朝はまだおかげ横丁のお店のほとんどが閉まっていますので、朝一番で内宮参拝に来られる場合は、内宮前で降りたほうがいいと思います!

伊勢神宮内宮を参拝しよう

神様と人を結ぶ架け橋「宇治橋」

伊勢神宮内宮に到着すると大きな橋が見えてきます。

まずはこの五十鈴川にかかる大きな橋、宇治橋を渡りましょう。

宇治橋は長さ101.8m、幅8.42mの大きな橋で、内宮参拝のシンボル的な写真撮影スポットでもあります。

まなこ
宇治橋は神様と人を結ぶ架け橋と言われています。渡り終える頃には自然と厳かな気持ちになりますね!

宇治橋を渡りきったらと長い一本道をまっすぐ進んでいきましょう。

五十鈴川と御手洗場(みたらし)に到着

立派な松が植えられた道を進むと手水舎に到着。こちらの手水舎で手を清めます。

しかし、実はこの手水舎のちょっと先に五十鈴川に降りられる場所があるんです。


まなこ
階段で川の近くまで下りられるようになっている上、川の流れもとっても穏やか。

こちらで手を清めてもOK!ひんやり冷たい五十鈴川のお水で身も心も清めてから参拝に進みましょう。

内宮参拝

五十鈴川の御手洗場の少し先に瀧祭神(たきまつりのかみ)があります。

まずはこちらで参拝のご挨拶。そして別宮風日祈宮から正宮皇大神宮へ向かいました。

立派な石の階段をのぼり、心静かにお参りします。
神宮は二礼二拍手一礼

さらに道なりに進みます。その途中…

まなこ
立派な杉の木を発見!とても力強く迫力があります。

こちらの杉の木はパワーツリーとして有名なんだそうです。とても長い間内宮を参拝する人々を見守ってきたのでしょうね。

杉の木をすぎると左右に御稲御倉と外幣殿が見えてきます。

神宮神田でとれた稲がこちらの御稲御倉に納められ、内宮の祭祀に合わせて取り出され天照大神のお供え物として捧げられます。

さらに進むと正宮の裏手に出るので、階段を下りて荒祭宮へ向かいます。

まなすけ
お願い事をするときはこちらの荒祭宮でするのがよいとのことですよ

お参りの最後に御厩(みうまや)へ。

神馬に会いに行きました。写真は驚くといけないので撮りませんでしたが…大きくておとなしい美しいお馬さんでした。

内宮は外宮より時間にゆとりをもってまわろう

こちらで参拝完了!

内宮は外宮より境内が広い為、参拝には倍以上時間がかかりました。9時30分頃から参拝を開始、境内を後にしたのが11時30分頃でしたので参拝時間は約2時間

最後に立ち寄った参集殿は休憩用の座席スペースとお水の準備がありました。またこちらではお守りや御朱印帳も用意されていましたよ。

まなすけまなこ
厳かな空気の中、たくさんのパワーを頂きました!おなかもすいてきたところでお土産屋さんと飲食店の立ち並ぶおはらい町通りおかげ横丁に向かいましょう。
スポンサーリンク

おはらい町通りとおかげ横丁

まなすけまなこ
真剣にお参りしたらおなかがすいた~!まずは腹ごしらえだ!

まずお邪魔したのは伊勢うどんのお店!

伊勢うどん 奥野屋

内宮を出ておはらい町通りに入ったすぐ近くのお店です。伊勢うどんとてこね寿司、どちらも食べたいよくばりさんにおすすめのお店!

伊勢うどん 奥野家

<まなすけチョイス>かつ丼と伊勢うどんセット

まなすけ
このボリューム感!!腹ペコなときにぴったり!

<まなこチョイス>てこね寿司セット 1,300円

まなこ
ザ☆定番チョイスながら大満足なボリューム感とお味!

伊勢うどんはふにゃ?いや、ふわ?っという感じの触感。

たれは出汁と濃いめのお醤油のしっかりした味です。たれとやわらかいうどんがすごく絡みます…おいしい

そしててこね寿司…!漬けまぐろが最高。もっとのせてほしいくらいですが、下の酢飯がしっかりと酸味が効いているのでこのくらいでちょうどよいかも。

奥野家さんは単品もありますがセットメニューも豊富。家族連れでにぎわっていました。

お食事を終えたら、あとは買い食い(笑)&お土産タイム~

内宮を出てすぐの奥野家さんからおはらい町通りをまっすぐ進みます。
奥野家さんのおとなりのお店にもイン!

ゑびや商店 松坂牛肉味噌

まなすけはモンドセレクションに弱い…!(*´∇`*)

松坂牛肉みそはちょっぴり辛みの効いたご飯のお供にぴったりな一品。こちらのお店は包装紙や袋もかわいらしいデザインですのでお土産購入にはもってこいです。

だんご屋

さらにおはらい町通りを進むと…

「だんご屋」という名前の団子屋さんを発見。そのままのネーミングに多少驚きました。実は名前が別にあるんでしょうか。

みたらし、黒蜜、きなこをチョイス!まなすけまなこまだ食べる…!

お店の裏手に五十鈴川があるので川を見ながら団子をむしゃり。きれいな川を見ながら食べるお団子は最高です。

川辺の段差に腰を掛けて食べましたが、机と椅子が置いてあるスペースもありましたよ。川辺にお花が咲いたらリアル「花より団子」ができるおすすめスポットです。

おかげ横丁

糖分も補給したのでさらに先へ。おかげ横丁に突入します。

路地もレトロな雰囲気満載です。こんな小道が多数。お店探しが探検のようで楽しい街並み。

いたるところにまねき猫

のびてる猫…(* ̄∇ ̄*)!

猫グッズも多数。猫好きにはたまりません。まなすけまなこはまねきねこのおみくじを引きました。その他にもこちらのおかげ横丁でお土産を購入!おかげ犬グッズもとってもかわいいですのでぜひチェックしてみてください

あっという間に両手はお土産だらけ…

伊勢神宮内宮参拝のまとめ

1日目外宮と2日目内宮と回りましたが、1日で両方をめぐるのは結構大変だと思います。ゆっくり散策したい場合は外宮を半日、内宮を1日でプランニングするのがおすすめです。

まなすけまなこ
おかげ横丁とおはらい町通りはおいしいものの誘惑がたくさん。ぜひお腹を空かせてから向かいましょう!

伊勢神宮内宮&おかげ横丁を満喫していよいよ鳥羽へ向かいます。

鳥羽ではおすすめ旅館「胡蝶蘭」宿泊記と人気スポット「鳥羽水族館」をレポートしたいと思います。