【金沢④】金沢周遊バスで近江町市場に行こう!絶品海鮮丼レビュー

スポンサーリンク

金沢の台所に行ってみよう!

まなこです!

金沢駅を出ていよいよ本格的に観光スタート!まずは金沢の台所、近江町市場を散策してみましょう。どんな金沢グルメが飛び出すか楽しみです!

近江町市場ってどんなところ?

近江町市場の始まりは元禄3年(1690年)。この頃、近江町市場の原型ができたようです。ということは…328年前…!!!?

近江町市場(おうみちょういちば)は、石川県金沢市の中心部にある、主に生鮮食品などの食品と生活雑貨を扱う小売店が主体の市場である。名前の由来は近江商人が作ったことによる。地元ではおみちょ(「お」にアクセント)と呼び親しまれている。市街地再開発事業により、2009年4月16日に近江町いちば館が開業した。

(中略)

むさし交差点(武蔵ヶ辻)の南東側一帯に位置し、繁華街の香林坊からも比較的近い。約2,8haの敷地に約170店の商店・飲食店が軒を連ねる。

(引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/近江町市場)

市場内には石川県特産の加賀野菜や海産物を取り扱う商店がたくさん!豪快な海鮮丼のお店も多数あり、市民の台所としてだけではなく観光名所としても大人気なスポットです。

金沢駅からのアクセス!金沢周遊バスに乗ってみよう

金沢駅の観光案内所で「北鉄バス1日フリー乗車券」500円をゲットしたら、駅前のバス乗り場へ向かいましょう。

(出典:http://www.hokutetsu.co.jp/tourism-bus/route_stop)

乗り込んだのは城下まち金沢周遊バス左回りルート(RL0)金沢駅東口7番乗り場です。15分間隔で運行。

右回りルートを選択すると遠回りになってしまいますので注意しましょう。金沢駅の次が近江町市場ですので約5分程で到着します。

バスから降りるとすぐ目の前が市場の入り口(エムザ口)です。

近江町市場に潜入!館内を散策してみよう

うわ~さっそくお店がいっぱいある!

公式HPからダウンロードしたマップを元に館内を散策してみましょう!

 (出典:近江町市場公式HP)

緑色の店舗が青果、水色の店舗が鮮魚で色分けしてあります。さらっと全体を一周するのは30分もかからないくらいでしょうか。

市場内には注文するとその場で調理して店頭で食べられるお店を多数発見。

八百屋さんではカットフルーツやフルーツジュースを販売していたり、魚屋さんでは大きな甘えびをその場でむいて店頭で食べられたりと店頭は大賑わい!観光中で気軽に生鮮食材を買えない人でも楽しめますね!

近江町市場をぐるっと散策したら、海鮮丼のお店にも入ってみましょう!豪快な海鮮丼を売りにしている人気店が多数出店しています。その中でまなこが実際に訪れた2店舗を参考までにご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

旬なネタがリーズナブルに楽しめる「近江町市場寿司」に行ってみた!

こちらは新鮮な海鮮丼とベテラン職人さんが握る本格回転寿司店。近江町市場で深夜1:00から始まる日本で2番目に早いセリで落とした新鮮なネタを目の前で握ってくれるのがこちらの店舗最大のウリ。その為、回転寿司ですがあまり寿司を回さず注文を優先しているのが特徴のお店です。

市場内のその他店舗と比べてみてもリーズナブルなメニューが多いのがうれしいですね。

11:00くらいの来店でも外には列が…。列に並びつつ、注文を決めます。

わくわくが止まらん~。入店前に順番に注文をとってくれます。のど黒食べ比べセットを注文している方も多いようですね!わたしたちはどうしようか…

回転は速いので10分程で入店することができました。入店してお茶を準備していると…きました!

旬のおまかせ丼 1,880円

もうきた!!スピーディ!!

どのネタもとっても新鮮でした!THE王道海鮮丼が食べたい方におすすめ。お味ももちろんですが、お店の活気とスピード感もこのお店の人気の秘密かもしれないですね。

別日に伺ったもう一店舗もまた違った個性がありました。

近江町市場の2F!「近江町食事処 鮮彩えにし」のこだわりの海鮮丼

近江町いちば館2階にあり、階段を上って奥に進むとあります。こちらは近江町いちば館にある鮮魚店である大口水産グループの直営店なので観光客にも安心です。

お店に入るとカウンターとテーブル席。外に人が並んではいませんでしたが、店内に入ると満席。店内はテーブル席とカウンター。座席スペースが広めにとってあるので広々として明るい雰囲気です。

さっそくメニューを吟味。ランチメニューの海鮮丼は種類が豊富で迷ってしまいます。

まなこが迷った丼系ランチメニュー
  • 加賀百万石丼 3,800円(税込み)
  • 旬の海鮮丼 1,580円(税込み)
  • バラちらし 1,300円(税込み)
  • 海鮮えにし丼 2,680円(税込み)
  • のど黒ひつまぶし 3,300円(税込み)

※ネタも入荷状況により変動あり。手書きメニューでした。

迷いに迷って決めたのはこちら!

海鮮えにし丼 2,680円

のど黒、うに、いくら、まぐろ、甘えび、サーモン、ほたて、かんぱち その他金沢の地物食材がふんだんに使われたお店の看板メニュー。

ごはんの上に乗った海鮮がボリューム満点。金沢名物のど黒もしっかり入っています。少しあぶった香ばしさがまた食欲をそそります。

めずらしいな~と思ったのはお店おすすめの食べ方。

お醤油はちょっと濃いめ刺身用だしの効いた丼用の2種類がテーブルに置いてあります。

ネタがとっても多いのでまずはお刺身で食べて、残りを丼で頂くというのがお店おすすめのスタイルのようです。

大きくカットされたお刺身が2枚ずつ乗っていますので1枚をお刺身、2枚目をごはんと一緒に食べるとちょうどよく、最後まで楽しんで食べられました。

お腹もいっぱいになり大満足。近江町市場は金沢駅からも近いですし、お腹がすいたらここにくればいいという安心感があります。

もっともっと近江町市場で金沢の食を満喫してみよう!

近江町市場は地元の方から観光客まで大満足の金沢の台所。活気ある市場内の雰囲気と金沢グルメをたっぷり堪能しちゃいましょう!

参考サイト一覧

【JTB】旅館・ホテルを探すなら、安心・お得なJTBへ!
【楽天トラベル】宿泊施設数が豊富!楽天スーパーセールでお得に予約
【じゃらん】国内24000軒の宿をネットで予約!最大10%ポイント還元!
【エクスペディア】国内国外のホテル・航空券予約をAIR+割でお得に予約

スポンサーリンク
スポンサーリンク