アップリカ ラクーナ ビッテ クッション購入レビュー!A型ベビーカー3メーカーの比較結果も紹介

増税前にベビーカーの購入に踏み切った!

こんにちわ。

まなすけまなこ(manasukemanako)です!

9月中旬、我々のベビーカー選びはこんな会話から突然はじまりました。

まなこ
出産までまだ時間はあるけど、大物ベビー用品は増税前に買っておきたいね!
まなすけ
ベビーカー、チャイルドシートあたりだね。有名メーカーから選ぶとしても、どのメーカーのどの商品を選ぶか比較が必要だね!さっそくいろいろ調べてみようか!

という事で、今回は赤ちゃん本舗さんにお邪魔して各メーカーの特色を伺い、比較検討してみた結果をお送りします。

同じように悩まれている方の参考までに詳しくお伝えしていきたいと思います。

今回購入対象にしたのはA型ベビーカー

ベビーカーって高価な割にあまり使わなかったなんてよく聞きますよね。

ベビーカーには大きく分けてA型・B型の2種類のタイプが存在します。

大きな違いをまとめると以下の通りです。

A型ベビーカー B型ベビーカー
特徴 ・1カ月~最長48カ月

・最も立てた状態:100°以上

・最も倒した状態:150°以上

・両対面のものが多い

・しっかりした造りでサイズも大きめ

・7カ月~最長48カ月

・最も立てた状態:100°以上

・リクライニング機能はなくてもよい

・軽くて持ち運びがしやすい

価格 B型より高め A型より安め
選び方 ・赤ちゃんの乗り心地を最優先したい

・対面で月齢早くから使いたい

・階段や電車、バスなどによく乗る

・セカンドカーなので簡易でよい

・コンパクトで車に乗せられるものがいい

A型はしっかりした造りで生後すぐから使えるのが特徴。

B型は簡易的な造りで軽くて持ち運びやすく、ある程度成長したお子さんのお出かけサポート用といった印象があります。

・生まれてすぐから定期健診やお買い物等で使いたいなら安心設計のA型

・7ヵ月まで抱っこ紐、ある程度大きくなってから使うならスマートなB型

ネットではこんな意見がよく見られますね…。

各家庭で生活環境や考え方は違うもの。自分の利用シーンにぴったり合うベビーカーを選びたいですね。

赤ちゃん本舗に行ってみたらお子さんを実際に試乗させて決めている方も多くいらっしゃいました!ベビーカー嫌いな子もいるし…その方が確かだとは思うけど、我々はリスク承知でもう買ってしまおう(笑)

店員さんに各メーカーの違いを伺った結果、以下3メーカー3機種の中から選択することに決定。

  Aprica(アップリカ)「ラクーナ ビッテ クッション」

  Combi(コンビ) 「スゴカル アルファ」

  Pigeon(ピジョン)「ランフィ リノン」

この3メーカーのA型ベビーカーの特徴をご紹介していきます。

赤ちゃん本舗に行ってみよう!

子育てについても、ベビーカーについても知識0スタートの我々。

まなすけまなこ
ベビー用品と言えば、赤ちゃん本舗かな?とりあえず行ってみよう!

ということで、気軽に近場の赤ちゃん本舗へ行ってみました。

赤ちゃん本舗とは

赤ちゃん本舗はマタニティ用品・赤ちゃん用品・キッズ用品を取り扱う会社で、北海道から沖縄まで全国で100店舗以上展開しています。

広い店舗が多い印象で、品ぞろえの豊富さやプライベートブランドの開発力に魅力のあるお店だと思います。

3メーカーのA型ベビーカーの特徴

赤ちゃん本舗の店員さん(もしくは各メーカーの方?)は積極的かつ丁寧に商品説明をしてくださいますので、知識0でも大丈夫でした!

まなすけ
しかも強引な感じもないので安心してお買い物できますよ。

店員さんからリサーチした各メーカーの違いをまとめていきます。

比較しやすいようにメーカーの特徴が分かりやすいベビーカーを選んでみました。

Aprica(アップリカ)ラクーナ ビッテ クッション

アップリカは大阪で1947年創業の老舗ベビーメーカー。

アップリカ商品の中で、店員さんのおすすめは

赤ちゃん本舗×Aprica共同開発商品「ラクーナ ビッテ クッション

(引用:公式HPよりhttps://akachan.omni7.jp/detail/309005700

商品概要
  • 対象月齢:生後1カ月~36カ月(参考体重15キロ以下)
  • リクライニング角度:121°-156°
  • 重量:5.7キロ
  • バスケット容量:座面下空間容積24.3リットル
  • シートの高さ:53センチ
  • 車輪数:4輪(オート4輪キャスター)
  • シート洗濯可否:丸洗いOK
まなこ
店員さんが教えてくれた商品のおすすめポイントはこちらです!
おすすめポイント
  • カプセルマルチフード+・・・日差し・紫外線99%カット
  • すくすくッション設計・・・振動吸収率クラス最上級
  • メディカル成長マモール・・・呼吸しやすい姿勢をサポート
  • トリプルシートクッション・・・メッシュ3層シート・通気性◎シルキーエアー・丸洗いOK
  • コンパクト設計・・・安定自立・横35㎝×縦89㎝
  • マルチハンドル・・・7段階高さ収納調整・レザーハンドル

ネーミングだけ聞くとなんじゃこりゃ?という感じですが(笑)

伺ったアップリカのベビーカーの印象としては

  • 両対面式で生後1カ月から使える高性能A型ベビーカー
  • 高性能なのに5.7キロと軽量かつコンパクトな設計
  • 赤ちゃんを振動から守り、呼吸しやすい姿勢をサポートするクッション性が高い
まなすけ
アップリカのベビーカーは組み立て式ではなく、溶接式なので他のベビーカーに比べて畳んだり開いたりしたときのぐらぐら感が少なくスムーズなのがいい感じ!高機能なのに重さや畳んだ時のコンパクトさも◎!
まなこ
あとはシート部分が特徴的だよね。メッシュ3層式で季節や成長に合わせて取り外しもできるし、シートの傾きを変えても赤ちゃんの姿勢が安定するように頭と腰部分にサポートパットがついているし、クッション性もいいね!

総評として、赤ちゃんの快適な乗り心地にごだわった、長く使えるベビーカーといった感じがしました。

Combi(コンビ)スゴカル アルファ

コンビは東京で1957年創業の老舗メーカーで、海外進出もしています。

コンビの商品の中で、店員さんのおすすめは

2019年9月に発売したばかりの「スゴカル アルファ4キャス エッグショック

(引用:公式HPよりhttps://www.combi.co.jp/products/stroller/sugocal_sp/

商品概要
  • 対象月齢:生後1カ月~36カ月(参考体重15キロ以下)
  • リクライニング角度:125°-170°
  • 重量:スタンダードモデル 4.7キロ/コンパクトモデル5.0キロ
  • バスケット容量:座面下空間容積38リットル
  • シートの高さ:56センチ
  • 車輪数:4輪(オート4輪キャスター)
  • シート洗濯可否:丸洗いOK
まなこ
店員さんが教えてくれた商品のおすすめポイントはこちらです!
おすすめポイント
  • マルチビックサンシェードα・・・日差し・紫外線99%カット
  • エッグショックシート・・・点で支え体圧分散
  • エッグサスペンション・・・足元から振動吸収
  • エアースルーシート・・・多層メッシュ構造・丸洗いOK
  • コンパクト設計・・・安定自立・横48.6㎝×縦85.3㎝
  • 持ちカルグリップ・・・持ち運ぶときにグラつかない片手でラクラク

伺ったコンビのベビーカーの印象としては

・両対面式で生後1カ月から使える高性能A型ベビーカー

・高性能なのに4.7キロと軽量かつコンパクトな設計(スタンダードモデルの場合)

・赤ちゃんの生まれたての頭と全身を振動・体圧から守るクッション性が高い

まなこ
畳んで持ち上げたときの軽さと持ち運びやすさには驚き!店員さんも、持ちカルグリップは評判がいいって言ってたね!
まなすけ
あと特徴的なのはやっぱりエッグショックシートかな。本当に高級ベッドのような弾力があったよね!あとはシート内空間が広々しているのがいいね。その分、畳んだ時の横幅のコンパクトさはやや落ちる感じがするかな。

総評として、スゴカルのネーミングに恥じない軽さと持ち運びやすさを実現した実用的ベビーカーといった感じがしました。

Pigeon(ピジョン)ランフィ リノン

ピジョンは東京に本社を持つ1957年創業の老舗ベビーメーカー。

ピジョンの商品の中で、店員さんのおすすめは

赤ちゃん本舗×Pigeon共同開発商品「ランフィ リノン

(引用:公式HPよりhttps://pigeon-htravel.com/runfeelinon/

商品概要
  • 対象月齢:生後1カ月~36カ月
  • リクライニング角度:100°-175°
  • 重量:5.6キロ
  • シートの高さ:54.5センチ
  • 車輪数:4輪(シングルタイヤ)
  • シート洗濯可否:丸洗いOK
まなこ
店員さんが教えてくれた商品のおすすめポイントはこちらです!
おすすめポイント
  • シングルタイヤ・中空構造・・・シングルタイヤならではの押し心地実現・クッション性・衝撃吸収
  • ベアリング・スイング式サスペンション・・・タイヤの転回操作性耐久性アップ・上下前方からの衝撃吸収
  • ショックレスボディ・・・溶接止めされた高剛性フレーム
  • ハグットシート・リバーシブルシート・メッシュベースシート・・・両面使用可・ドライ3Dメッシュで湿度上昇、ムレ予防・3層丸洗いOK
  • コンパクト設計・・・安定自立・横38㎝×縦94㎝
  • ギュットグリップ・・・クッション材ナノフロント使用・柔らかフィット・取り外し洗濯OK

伺ったピジョンのベビーカーの印象としては

・両対面式で生後1カ月から使える高性能A型ベビーカー

・操作性の高いシングルタイヤを採用。前輪・後輪で大きさの違うタイヤを使用し、対面・背面時使用時の操作性が高い

・タイヤの間隔が広くパパでも足に当たりにくく快適。押し心地にこだわった軽量ベビーカー

まなこ
シングルタイヤの押し心地のよさに驚き!ダブルタイヤより段差を乗り越えるときのガタガタ感が段違いに快適だね。前輪と後輪でタイヤの大きさが違うから、対面使用時と背面使用時でも押し心地の快適さが違うのもいい感じ。
まなすけ
タイヤだけじゃなく、ボディもしっかりしてるね。畳んだ時のグラグラ、ガタガタ感が少ないから安心して長く使えそう。ベビーカーのグリップ部分はスポンジタイプだから好みがわかれるかな。

総評として、シングルタイヤ・溶接高剛性フレームで運転者も快適なベビーカーといった感じがしました。

3メーカーの特徴を比較してみよう!

3メーカーの商品ごとの商品概要と特徴をまとめてみましたが、各メーカーそれぞれの良さがありますね。

赤ちゃん本舗の方から聞いて、まなすけまなこが特によいと思った点はコチラ↓

Aprica

ラクーナ ビッテ クッション

Combi

スゴカル アルファ

Pigeon

ランフィ リノン

シートの快適性

・しなやかなクッション性と自然な姿勢を保つ安定感のあるシート

・ベッドのような快適な寝心地

 

 

 

コンパクトさ

・畳んだ時の縦横のコンパクト感

 

 

フレーム

・溶接されたフレームでガタガタ感がない

 

・溶接されたフレームでガタガタ感がない

走行性

 

 

・シングルタイヤならではの快適な走行性

持ち運びの快適性

 

・折りたたんだ時の持ち手が快適

 

まなこ
見た目だけでは気づかなかったポイントが実際に押してみるとよくわかるね!
まなすけ
各社どれも素晴らしく高性能。ですが、それぞれに個性があることがわかりますね!

特徴的だと思った点をまとめましたが、あくまでまなすけまなこ的感想ですので、みなさんも実際に試乗をおすすめします!

結果:まなすけまなこが選んだのは…

迷いに迷って結果、

アップリカの「ラクーナビッテ クッション」を選びました!!

理由としては、

シートのクッション性の好み

折りたたんだ時のコンパクト感

フレームのしっかり感

デザイン・カラー

まなすけまなこ
特にシートのクッション性の好みが決め手でした。赤ちゃんをしっかり包み込むような安心感があるような感じを受けました。クッションの感じは各メーカー違いがあって好みがわかれるポイントだと思います。畳んだ時のコンパクト感・自立性も問題なく、フレームも溶接ならではのしっかり感を感じられるのが高ポイントでしたね。

選ぶときのポイントとしては

・自分の重視する機能はなにか(生活シーンを思い浮かべて考えよう)

・実際に触ってみた感覚はどうか

このあたりが大事かな~と思いました。

生活エリアにデコボコ道や段差が多かったりする場合はピジョンのランフィ、お出かけに電車やバスをよく利用する方はコンビなど。

あとはデザイン性も好みがわかれるところだと思いますので、使っていてテンションが上がるものを選ぶのも手ですね!

ぜひお店で試乗してみよう♪

いかがでしたでしょうか?

実際にお店でアドバイスをもらったり、試乗してみるとイメージがわきやすいのでおすすめです♪

ぜひベストな一台を見つけてみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA