【2019年福袋】日本橋髙島屋の新春初売りだしに行ってみた!混雑状況&戦利品のレビュー①

スポンサーリンク

勢いに乗って今度はデパート系の中から日本橋髙島屋へ出陣じゃ!!

まなこです!

前回は三井アウトレットパーク木更津の元旦福袋について詳しくレビューしてみました。記事はこちら↓

【2019年福袋】元旦から三井アウトレットパーク木更津に行ってみた!お買い得情報&混雑状況のレビュー①

2019年1月8日

【2019年福袋】元旦から三井アウトレットパーク木更津に行ってみた!お買い得情報&混雑状況のレビュー②

2019年1月10日

アウトレットパーク木更津の初売りに続き第二弾!

今回は元旦翌日、1月2日の日本橋髙島屋S.C.の新春初売りだしへ行ってみました!

当日の混雑状況から戦利品まで詳しくご紹介していきたいと思います!

お買い物レビューはいつも長くなってしまうので、当日の混雑状況までを今回、購入した商品のレビューを次回ご紹介したいと思います。

まずは日本橋高島屋の詳細情報から↓

日本橋髙島屋が今アツイらしい…!

まなすけまなこが今回、数ある百貨店から日本橋髙島屋をチョイスしたのには理由があります…!

まずは日本橋髙島屋の歴史について簡単にご説明。

日本橋髙島屋とは

株式会社 髙島屋(たかしまや、英: Takashimaya Company, Limited)は、大阪府大阪市中央区難波に本社を置く百貨店である。なお、大阪店は同社の登記上の本店である。日本百貨店協会に加盟しており、ハイランドグループを主宰している。ロゴでは「高」の字にいわゆる「はしご高(髙)」の字体を用いている。(中略)1933年(昭和8年)には、東京・日本橋に日本橋店を開店。

(引用:wikipedia髙島屋より)

日本橋髙島屋は1933年開店、百貨店建築初の重要文化財に指定されているほどの老舗デパート!

建物の重厚感、併設ブランド、スタッフの安定感…どれをとっても超老舗デパートはやはり一味違う!…しかし!日本橋髙島屋は「古き良き」なデパートなだけではないのです…!

新都市型ショッピングセンターへと生まれ変わった!

(日本橋髙島屋公式HPより)

なんと、日本橋高島屋に2018年9月25日新館(専門店)がNEWオープン!

これにより、

  • 本館(1933年オープン)
  • 髙島屋ウォッチメゾン(2015年オープン)
  • 東館(2018年春オープン)
  • 新館(2018年9月オープン)

となり、

既存の本館・高島屋ウォッチメゾン・東館・今回NEWオープンの新館の4館が一体となった新都市型ショッピングセンター日本橋髙島屋S.C.が誕生!!

ビジネス色の強かった日本橋エリア。日本橋高島屋S.C.の誕生を皮切りに今後ますます充実していくことが見込まれます!

この誕生したばかりの日本橋高島屋S.C.の初売りはどんな感じか!期待が膨らみます…!!

まずは当日朝の混雑状況からご紹介していきます。

1月2日 新春初売りだし当日状況

 

日本橋高島屋の2019年の新春初売りだしは1月2日(水)午前10時スタート!

 

9:30 本館地下1階「地下鉄口」到着

 

 

地下鉄口にはすでに人がいっぱい…!ここで整列して開店後順番に入場。開店30分前に到着した時点で、空間の約2/3程度埋まったくらいの感じでしょうか。

整列して待っていると「福袋のご案内」という福袋MAPが配布されはじめます。

 

福袋MAPの配布

 

以下は、当日福袋を販売するお店や入場ゲートの詳細が乗ったマップです↓

 

こちらも当日一緒に配布されました。↓こちらは新聞などに入れられる折り込みチラシでしょうか。

 

こちらのチラシには夢袋の詳細が記載されていました。

2019年タカシマヤオリジナル夢袋ラインナップ
  • ホンダジェットで行く、あなただけの最高の旅 税込20,190,000円
  • 睡眠負債もこれでさらば!ぐっすり快眠福袋 税込201,900円
  • 女子日本代表選手が教えるホッケー教室 税込20,190円
  • 輝く黄金ラグビーボールを手に入れよう! 税込31,000,000円 

【2019年 夢袋申込方法】
応募受付:1月2日(水)、3日(木)
受付場所:本館1階福袋特設コーナー
※専用の応募用紙に必要事項をご記入の上、応募ボックスに投函。抽選の上、ご当選されたご本人様に直接ご連絡いたします。

毎年各百貨店の夢袋は趣向が凝らしてあっておもしろいですね!

上記内容は2019年のものですので、夢袋の中身はもちろん、応募方法等も変更される可能性は十分にありますがご参考までに載せておきます!

よーし!MAPの確認もしたし、気合入れていくぞ!!

ちなみに、まなすけまなこが今回待機した位置もしっかり当日配布の「福袋のご案内」に載っていました。↓

画像右下グレー部分「本館地下鉄口」

当日は開店してもしばらく開かない入口もありますので、

10時開場の入り口でなおかつ狙いの福袋へのアクセスのよいアプローチを検討してみましょう!

並んでみてわかった!本館地下鉄口の一口情報

  • 本館地下鉄口は室内のため、並んでいる時間は大変快適。寒い中並ぶのはきつい方は地下鉄口はオススメ!
  • ただし、本館1階さくら通り口の方が本館地下鉄口より20分程入場が早いそうです!狙いが本館B1の食品フロア以外なら1階入り口を狙う方がよさそう!

 

10:00開場

 

あっという間に開場時間。ぞろぞろとB1食品フロア入口に進んでいきます。

ぞろぞろ…わくわく…!!はやる気持ちを抑えつつ、みなさん落ち着いた足取りで進んでいきます。

本館地下鉄口からの長めのアプローチを進みつつ、

途中、新館の入口前を通過。

新館B1エリアはまだかなり空いている印象…!優雅にパンを選んでいる人がいる…だと…!!?

本館も新館も攻めたい場合は今のところまずは本館から攻略したほうがよさそうですね…!

ぞろぞろと進むこと5分。やっと入口に到達…!

本館地下鉄口からつながるデパート入口はかなり狭めですので、1階入り口よりもタイムラグが生じるのはここが理由かもしれませんね。

地下鉄口待機列のかなり後方でも開店5分~10分以内には入場できそうな雰囲気でした。

少し長くなってしまいましたので購入福袋のレビューは次回記載したいと思います!後編に続く…!

スポンサーリンク
スポンサーリンク