【BenQ】GW2780を2つ購入してデュアルディスプレイにしてみたのでレビュー!

こんにちわ。

まなすけまなこ(manasukemanako)です。

現在利用している約10年物のディスプレイが壊れてしまったので、新しく購入することに。

「BenQ」のディスプレイを利用していたので、今回も「BenQ」を買おうかな~と思ってましたが、10年も経つといろんなメーカーのディスプレイが!

現在販売されているものならどれ買っても同じでしょ!っと思いつつも、後で後悔したくないのでちゃんと調べて購入しました。

今回は、GW2780のおすすめポイントから購入する際に決めた条件を紹介していきます。

まなすけ
一緒に見ていこう~
この記事のポイント
  • 「Eye-Care技術」目に対する技術はBenQが一歩リード
  • ブルーライト軽減、フリッカーフリー技術でとにかく目にやさしい
  • 価格ほどほどで目にやさしいモニターを選ぶならBenQ!

BenQ GW2780

今回購入したディスプレイがこちら!

BenQの「GW2780」です。

BenQは台湾を拠点としているメーカーで、液晶モニターやプロジェクターをメイン販売しています。

まなすけ
映像出力関連の技術が高い会社だよ

今回購入をするために決めた条件は3つです。

  • IPSパネル
  • 24インチ以上
  • 長時間利用しても目が疲れない

まずIPSパネルについてですが、デュアルディスプレイ時は横並びにするのではなく、ディスプレイの1台は斜め向きにする予定なので、角度が変わってもきれいな映像を見れるIPSパネルは必須です。

ディスプレイの大きさは、以前利用していたディスプレイが21.5インチでしたが、少し物足りなさがあったので今回は24インチ以上を条件にしました。

また、情報収集やブログ記事作成では、1時間以上パソコンの前にいることになるので、なるべく目に優しいディスプレイをチョイス。

仕様

サイズ 27インチ
解像度 1920×1080
パネル IPS
バックライト LEDバックライト
スピーカー 2W×2
ヘッドフォンジャック
接続 D-sub×1
HDMI×1
Display port×1
電力 32W
サイズ(幅) 46.3cm
サイズ(高さ) 61.2cm
サイズ(奥行) 18.3cm
重さ 4.85kg
付属品 電源ケーブル、HDMIケーブル(1.5m)

IPSパネル

IPSによる広視野角は178°まで広がっているので、角度が変わっても色彩変わらずきれいな映像を楽しむことができます。

デュアルディスプレイにして見る角度が変わっても、きれいな映像が楽しむことができるのでおすすめのパネルです。

まなすけ
きれいな映像で作業しよう~

ブライトネスインテリジェンス (B.I.)テクノロジー

コンテンツ毎に輝度を検知して、映像を見やすく調整してくれる機能です。

輝度を自動調整してくれるので、一瞬一瞬の映像をより鮮明に映し出すことができます。

TUV Rheinland認定

BenQのディスプレイは、認証機関である「TUV Rheinland」によって認証されているほど、目に優しい技術を持っています。

  • ブルーライト軽減

BenQのブルーライト軽減技術は、バックライトからブルーライトをカットする方式で、目が受ける疲労や刺激を軽減してくれます。

ブルーライト軽減は、マルチメディア・ウェブサーフィン・オフィス・閲覧の4つのモードがあります。

利用状況に応じてブルーライトを軽減できるのは便利ですね。

  • フリッカーフリー

ディスプレイの写真をカメラで撮ると映るあの横線ですね。

従来のモニターでは毎秒250回フリッカーが発生しているので、少しづつ目に刺激を与えています。

フリッカーフリー技術では、このフリッカーがなくなるので、目を守ってくれるすごい技術です。

まなすけ
目に優しいディスプレイになってるよ

スリムベゼルデザイン

デュアルディスプレイの場合、PCを並べることになるのでベゼルがスリムなのも重要なポイントですね!

まなすけ
ディスプレイを並べてもPC間の空白を気にしないでOK

質感もマットデザインで触ると気持ちいいです。台座部分もシンプルでGOOD!

後ろのケーブルも収納できるので、ケーブルがぐちゃぐちゃになることもありません。

GW2780の写真一覧

まなすけ
梱包状態もきれいで良かったよ

まなすけ
奥行のサイズはこのぐらいだよ

まなすけ
インターフェイス状態はこんな感じ

まなすけ
まなすけが利用している作業環境はこのようになりました!

その他おすすめディスプレイ

BenQのディスプレイは安価で高品質なのでおすすめです。

サイズ違いで同様のディスプレイも販売されているので是非参考にしてみてください。

21.5インチ

まなすけ
GW2780と比べて変わるのはHDMIポートが2つ搭載しています。ケーブルの抜き差しせずにHDMI機器を切り替えることができるので便利!

24インチ

まなすけ
GW2780の24インチ版ですね!デュアルディスプレイする場合はこちらがおすすめ!

28インチ

まなすけ
少し前の世代のディスプレイですが、現在でも人気のPCモニターです。28インチだとデュアルディスプレイにしなくても大丈夫ですね。

レビュー

 

実物を見ずに購入してしまったディスプレイですが、さすがBenQ!といった感じで、ドット抜けなどもなく品質も良好で大満足です。

デュアルディスプレイのメリットは、ディスプレイ毎に別々の作業画面を開くことができ、作業効率を上げれるところです。

が、今回購入したディスプレイで少し気になるところがありました…

  • デュアルディスプレイに27インチは大きすぎる
  • 1920×1080で27インチだと画質が荒くなる

21.5インチからいきなり27インチに変えたせいもあると思いますが、27インチは思ったよりも大きいです。

デュアルディスプレイは21.5インチか24インチ程度がベストですね。

そして、21.5インチや24インチと比べて画質が劣るので少し荒くなります。

画面サイズが大きいので当たり前ですが、少しでも画質が良い画面で作業をしたい場合は、20インチ~大きくても24インチぐらいがおすすめですね。

まなすけ
誤差程度なのであまり心配しなくても大丈夫だよ

「iiyama」「ASUS」「HP」「フィリップス」など有名メーカーがディスプレイを販売していますが、BenQも安価でおすすめなので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

まなすけ
BenQを選べばまず失敗することはないのでおすすめだよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA