【伊勢旅行記】女子旅の定番お伊勢参りから鳥羽水族館のおすすめ旅行プランを紹介!

こんにちわ。

まなすけまなこ(manasukemanako)です。

遅い夏休みを利用して女子旅の定番!お伊勢参りに行ってまいりました。

旅行を終えて旅の片付けも終わり、ほっと一息ついたので旅の様子を紹介。これからお伊勢参りに行ってみたい!という方にも参考になればと思います。

今回は 2泊3日の東京発名古屋経由、伊勢&鳥羽旅行となります。まずは旅の流れをご紹介。伊勢神宮参拝はもちろんのこと、伊勢神宮周辺のおすすめスポットを詰め込んでみました。

1日目

  • 7:30 東京発ー新幹線のぞみー9:11 名古屋着(名古屋モーニング
  • 10:21 名古屋発ー12:05 伊勢市着(伊勢神宮外宮参拝&昼食
  • 15:50 伊勢市発ー参宮線ー16:00 二見浦着(二見輿玉神社夫婦岩参拝
  • 伊勢市宿泊

初日は移動もありますので、ゆったりめにスケジュールを組みました。伊勢神宮外宮はもちろんですが、二見輿玉神社の夫婦岩周辺も景色がよく大変おすすめです。

2日目

  • 9:00 伊勢市駅ー三重交通バスー9:15 内宮前(伊勢神宮内宮参拝
  • 昼食&お土産(おかげ横丁
  • 14:15 内宮前ー三重交通ー14:30 伊勢市駅ー参宮線ー15:00 鳥羽駅
  • 鳥羽宿泊

2日目は伊勢神宮内宮参拝をメインとした構成です。内宮もとても広く見どころが多いですし、おかげ横丁は目移りしてしまうお店の多さ。

ついつい時間を忘れて長居してしまいます。お土産もこちらで購入しますと移動が大変になってしまいますので内宮の後にどこかに寄る予定の場合は注意しましょう。買う予定がなくても買いたくなってしまうはず。

3日目

  • 鳥羽水族館
  • 17:00 鳥羽駅ー近鉄特急ー18:30 名古屋ー新幹線のぞみー東京駅

ざっと上記の流れで予定を組んで行動してみました。

伊勢神宮内宮と外宮は場所が離れていますので電車、もしくはバス移動となります。

じっくり回りたい場合は初日を外して参拝、もしくは2日間に分けて参拝するのがおすすめです。今回は2日間に分けて参拝する事にしました。

目次へ戻る

お得な名古屋モーニングを初体験!

7:30 東京発 ー(新幹線のぞみ)ー 9:11 名古屋

まずは名古屋を目指します!

東京から新幹線利用ですと、三重県に行くには名古屋で乗り換えが必要です。せっかく名古屋に降りるんだし名古屋モーニングしよう!という事で乗換駅である近鉄名古屋線近くにある喫茶店リヨンにお邪魔することにしました。

喫茶店リヨン

雑誌にも掲載される名古屋モーニングの有名なお店です。JR名古屋駅の桜通口を出て名古屋を散策しつつ喫茶店を目指しました。

駅から徒歩5分ほど。9:30頃で店内は人でいっぱい。さすが名古屋です。

東京の喫茶店が朝から満席って事はあまりないので驚きつつ、しばし待ちます。

店員さんに声をかけて待つように指示がありましたらお店に向かって右手側に並びましょう。

まなこは初来店で待ち一人目だったのであまり考えず左手側に並んでしまったのですが、気が付くと右手側に行列が。

blankまなこ
あれ…まさか…!?

やってしまった~!!名古屋モーニングおそるべし。

しかし、お店の回転率がよく10分ほどで入店できました。

まなこ的に驚いたのは「飲み物を注文するとトーストがついてくる」点。

朝食セットにドリンクが付くというのにはよく遭遇していますが、ドリンクに朝食が付いてくるのは逆転の発想でした。

そしてモーニングなんですが終日注文可能というシステム。なんてお得。

まなこが訪れた際のメニューは以下の通りです。

喫茶リヨンのモーニングメニュードリンクを注文すると下記から1つ選択可。お支払いはドリンクの価格のみです。

  • ①トースト+玉子+カステラ
  • ②フルーツプレスサンド
  • ③小倉あんプレスサンド
  • ④ピーナッツクリームプレスサンド
  • ⑤ポテトサラダプレスサンド
  • ⑥サラダプレスサンド

※モーニングセットはこれとは別のメニューですので注意しましょう。

種類が豊富でとても迷いましたが、名古屋といえばあんことトースト!

まなすけまなこは二人とも③小倉あんプレスサンドを選択。

飲み物はコーヒー410円。

その他ココアなど450円程でした。フルーツジュースは500円くらいしてたかな?

注文して5分ほどでトーストと飲み物が到着。

おまちかねの小倉あんプレスサンド!!

まなこはホットコーヒーを選択。こちらのお店はパンがホットサンドみたいになっているのが特徴です。でも表面カリカリではない焼き加減。サイドがプレスしてある感じといったらよいでしょうか。

お味はとういと、つぶあんとバター(*´ω`*)裏切らない組み合わせです。

あとしょっぱい系の豆菓子が一緒に付いてきました。コーヒーはくせがない飲みやすいタイプ。

朝ごはんにちょうどいい量ですが、もう少しがっつり食べたい方はモーニングセットがおすすめです。

サラダと玉子がついたセットやパンケーキなどもありましたので、いろいろ注文してシェアするのも楽しそうですね。

あっという間に間食してお店を出ますと、サンロードに直通の地下通路を発見。近鉄線にも直結しています。寄り道しましたが、近鉄名古屋線を利用して伊勢市へ向かいます。

目次へ戻る

名古屋から伊勢市へ

名古屋発 ー(近鉄名古屋線急行)ー 12:05 伊勢市着

名古屋から乗り換えまして、こちらの電車で伊勢市へ向かいます。伊勢市から伊勢神宮外宮は徒歩で5分程の距離です。

ちなみにまなすけまなこは伊勢市へは一番安い方法でアクセスしました。在来線を利用。

近鉄名古屋線急行利用の場合近鉄急行(近鉄名古屋線急行)

・所要時間:1時間46分

・料金:1,450円

もっと快適に移動したいという場合は以下のような方法もあります。

近鉄名古屋線特急利用の場合近鉄特急利用(近鉄名古屋線特急)※近鉄特急は全席指定席

<主な特急列車の種類>

観光特急しまかぜ(特急券の他にしまかぜ特別車両料金820円が必要)
・所要時間:1時間15分
・料金:運賃1,450円+特急券1,320円+特別車両料金820円=3,590円

伊勢志摩ライナー
・所要時間:1時間13分
・料金:運賃1,450円+特急券1,320円=2,770円

ビスタカー
・所要時間:1時間21分
・料金:運賃1,450円+特急券1,320円=2,770円

運行列車、運賃などは2017年現在のものを参考で載せております。ご予約の際はご旅行日時に合わせてご確認をお願いします。

また、交通費+観光フリー切符がセットになったお得な切符(伊勢路フリーきっぷ伊勢神宮参拝きっぷまわりゃんせetc…)も販売されていますので観光目的や日程に合わせて購入してみるのもおすすめです。

伊勢市駅の雰囲気は?

12:05頃 伊勢市駅到着

近鉄名古屋線急行に乗っているときも感じましたが、あまり人がいませんでした。訪問したのは9月上旬。真夏のハイシーズンをすぎて少し落ち着いていたようです。

伊勢市駅ホームの様子。

人がいなさすぎて若干不安になる小心者のまなすけまなこ。シャッターを押す手がブレます。

改札を出ると人がたくさんいてほっとしました。改札を出るとすぐにバス停、観光案内所、売店、赤福、ロッカーがあります。改札を出てまっすぐ進めば伊勢神宮外宮もすぐです。

着いたらこちらで写真撮影している方が多かったです。伊勢市駅に着いたことがわかりやすい駅の看板。

看板の前を通って、正面にある石の鳥居をくぐると伊勢神宮外宮の参道に続きます。参道には飲食店とお土産屋さんがあり、誘惑に負けそうになりながら外宮を目指していきます。

目次へ戻る

お伊勢参りは外宮から

初日のメインスケジュールは伊勢神宮外宮参拝。まずは駅前のホテルに荷物を預け伊勢神宮外宮へ向かいます(・∀・)つ

伊勢神宮外宮へのアクセスに便利なビジネスホテル

まなすけまなこが今回お伊勢参りの拠点として選んだホテルはこちら。

三交イン伊勢市駅前

今回は素泊まりで利用しました。

2泊目をちょっと豪華なところにしようか!ということで1泊目のこちらはお安めのスタンダードルームにしました。

blankまなこ
シングルルームなので2名だと狭い感じがしますが、2名でも宿泊できました。

こちらのホテルのおすすめポイントは2つ!

  • フロントと同じ階に人口温泉付き
  • 充実のアメニティバー
blankまなこ
特におすすめしたいのがアメニティバー!

アメニティバーとは、お部屋にアメニティが準備されていない代わりに自分たちで必要なアメニティを選んで利用できるサービス。

こちらのホテルはフロントの正面、エレベーター横にアメニティバーが設置されていました。

アメニティバーにあったアメニティ

  • シャンプー&トリートメント
  • ボディソープ
  • シェービングクリーム&シェーバー
  • 水でもどるスポンジ
  • オイルクレンジング
  • 化粧水&乳液
  • 歯ブラシ&歯磨き粉
  • ヘアブラシ
  • 綿棒&コットン

などがあります。

こちらの情報は2017年9月まなこ宿泊時のものなので、変更している可能性があるので注意してくださいね。

必需品は一通りそろっていて本当に便利!

blankまなこ
フロントにはアメニティの他に「まくらバー」のサービスもあり、気になるまくらをチョイスしてお部屋で試してみることができました。ちょうどまくらを買い替えようと思っていた時期だったので使ったことのないまくらの使い心地をお試しできるサービスに感動しました!ぜひお試しを♪

女子旅なら

  • 宿泊料金の安さ
  • 駅、観光地までの距離
  • ホテルの快適さ

このあたりが重要なポイントになると思いますので、こちらのホテルはとってもおすすめです!

荷物を置いたら伊勢神宮外宮へレッツゴー!

荷物を置いたら本日のメインの観光地である伊勢神宮へ向かいましょう。

駅前から真っすぐ伸びる外宮参道を進んでいきます。

お昼頃、ですが人がいない!

9月は閑散期だったのでしょうか。広々として気持ちいいです。お店はちらほらと開いていました。特にガイドブックなどに記載されているお店はちゃんと開いていましたよ。

入り口に到着!外宮も入口には橋が架かっています。

鳥居をくぐると一気に空気が変わります。木立に囲まれた通りは風通しがよく、とっても涼しいです。整った砂利道を道なりに進みます。

立派な杉の木がたくさん。御正宮からまわって、池沿いに進むと、98段の階段があります。

こちらを上がると別宮である多賀宮、土宮、風宮があります。多賀宮は外宮の御祭神(メインの神様)である豊受大御神の荒御魂(あらみたま)をお祀りしており、お願い事をするならこちらで行うのがよいとされています。

荒御魂とは荒々しく活発な魂の事。非常に強いパワーがあるため、荒御魂を祀る場所でお願い事をすると叶いやすいそうです。

荒御魂(一霊四魂)とは

一霊四魂(いちれいしこん)とは、心は、天と繋がる一霊「直霊」(なおひ)と4つの魂から成り立つという日本の思想である。一霊四魂のもっとも一般的な解釈は、神や人には荒魂(あらみたま)・和魂(にぎみたま)・幸魂(さきみたま、さちみたま)・奇魂(くしみたま)の四つの魂があり、それら四魂を直霊(なおひ)という一つの霊がコントロールしているというものである。和魂は調和、荒魂は活動、奇魂は霊感、幸魂は幸福を担うとされる。

(中略)

簡単に言えば、勇は、前に進む力、親は、人と親しく交わる力、愛は、人を愛し育てる力、智は、物事を観察し分析し、悟る力である。

これら4つの働きを、直霊がフィードバックし、良心のような働きをする。例えば、智の働きが行き過ぎると「あまり分析や評価ばかりしていると、人に嫌われるよ」という具合に反省を促す。つまり、この直霊は、「省みる」という機能を持っている。

悪行を働くと、直霊は曲霊(まがひ)となり、四魂の働きは邪悪に転ぶとされる。

勇 - 荒魂(あらみたま)
「勇」は荒魂の機能であり、前に進む力である。勇猛に前に進むだけではなく、耐え忍びコツコツとやっていく力でもある。行動力があり、外向的な人は荒魂が強い。
親 - 和魂(にぎみたま)
2つ目の魂の機能は和魂であり、親しみ交わるという力である。その機能は、1字で表現すれば「親」である。平和や調和を望み親和力の強い人は和魂が強い。
愛 - 幸魂(さきみたま、さちみたま)
3つ目の魂は幸魂であり、その機能は人を愛し育てる力である。これは、「愛」という1字で表される。思いやりや感情を大切にし、相互理解を計ろうとする人は幸魂が強い人である。
智 - 奇魂(くしみたま)
4つ目は奇魂であり、この機能は観察力、分析力、理解力などから構成される知性である。真理を求めて探究する人は、奇魂が強い。

(出典:ウィキペディアより https://ja.wikipedia.org/wiki/一霊四魂)

blankまなこ
ざっと上記のような内容を観光案内所の職員の方に教えて頂き、参考にお参りをしました。ウィキペディアがとてもわかりやすくまとまっていましたので引用してあります。魂の働きを4つに分けるという考え方はとてもおもしろいですね!

豊受大御神は衣食住に加えて産業の守り神でもありますので、スーツを着た方々も多く参拝されていました。

また少し離れた場所にある月夜見宮は外宮で唯一宮域外にあるので気付きにくいかもしれませんが、外宮から神路通りを300mほど進むとあります。

こちらもたくさんの草木に囲まれ市街地にありながら静かな佇まいです。ぜひこちらも一緒に参拝してみてくださいね。

真剣にお参りした後は待ちに待った伊勢一番最初の昼食タイム。まなすけとまなこはエネルギー切れ…急いで参道に戻ってお店を探します(´;ω;`)おなかすいたー

目次へ戻る

伊勢名物!豚捨の牛丼

伊勢一発目のごはんはこちら!

伊勢神宮外宮入口すぐそばのお店です。創業明治42年。伊勢神宮のお膝元老舗すきやき屋さんです。

豚捨の由来は豚を飼っていた捨吉さんが食肉店をはじめ、そこで提供していた牛肉がたいそうおいしかったので「豚なんか捨てちまえ!」と客が豚肉を投げ捨てたからなんだそう。東京駅KITTEにも出店しています。

豚捨 牛丼1,000円

玉子とコロッケは追加注文しました。

あまじょっぱいタレがお肉にしっかり染みていてごはんがすすみます!玉ねぎがざく切りでいいアクセントに。

たまごを途中で追加するとマイルドな味わいになります。最後まで飽きずにぺろりと完食。おなかがすいているときにもってこいです。コロッケは普通かな。ザクザク系です。

お店を出たら参道のお土産探索!繁忙期は内宮より外宮周辺の方がゆっくりお買い物できそうです。駅近くのお土産屋さんにて伊勢海老豆菓子を購入しました。

初日は伊勢神宮内宮には行かず、外宮参拝のみにしました。時刻は3時すぎ。まだ時間に余裕がありますので、夫婦岩へ向かいたいと思います。

目次へ戻る

二見輿玉神社で夫婦和合を祈願&夫婦岩を見に行こう!

みなさん二見輿玉神社(ふたみおきたまじんじゃ)の夫婦岩はご存知でしょうか。

実は夫婦岩のある二見が浦という海岸は古来より伊勢神宮参りをする前に身を清める「浜参宮」という習わしを行う場所だったそうです。

こちらで禊を済ませてからお参りをしていたんですね。二見輿玉神社の主祭神は猿田彦大御神。こちらは何かの始まりの際に力になってくれる神様で夫婦和合や縁結びなどにもご利益があるとされています。

blankまなこ
まなすけまなこは結婚したばかりだったので夫婦和合を祈願して参拝させて頂くことに。こちらの夫婦岩は日の出スポットとしても有名です。二見輿玉神社の境内から見ることができます。

伊勢市駅から参宮線に乗り二見浦駅へ移動します。10分程で到着。夫婦岩と二見興玉神社へ向かいます。

注意点

  • 二見浦駅からは徒歩15分。駅からは少し離れていますので、帰りの電車の時刻は調べておきましょう。電車のダイヤを確認したところ1時間に1~2本だったでしょうか。終電も早そうでしたので、注意が必要です。
[二見浦駅から二見輿玉神社へ向かう途中でもぐもぐ

旭屋 酒素饅頭製造本舗

一個から購入できました。1個82円

鈴木翠松軒

1個から購入できました。1個110円

まなすけ、こういう時全く悩まない(* ̄∇ ̄*)スタスタお店入ってく。

おやつを食べているとあっという間に到着!15分の道中、宿泊場所がたくさんありました。特にペット可の民宿が多い印象です。海岸近くのお宿だからでしょうか、合宿をしている学生さんもちらほら。

海がきれいだなー。砂浜は石多めで貝殻はあまりありませんでした。

波は穏やかです。泳いでる人を一人だけ発見。

夫婦岩に続く道沿い、カエル

たくさんのカエル!

カエルにも「無事かえる」「若がえる」などのご利益があるそうです。猿田彦御大神の使いとされるのが二見蛙。たくさんのカエルにお出迎えしてもらいながら無事に二見輿玉神社へ到着!

本殿でお参りして、夫婦岩発見。男岩と女岩しめ縄で固く結ばれています。夏至の前後には岩の間から朝日が、秋から冬の間には満月が浮かぶそうです。きれいだろうなー。只今の時刻5時40分。夏なのでまだ明るいです。

4時頃二見浦駅に到着し、5時40分には参拝が完了。駅までの往復時間は30分~40分程が目安です。余裕をもって参拝するようにしましょう。

帰りの電車まで時間がありましたので海沿いに座ってまったり休憩。ペットがいたらこの辺りでお宿を探して早朝ペットと海辺を散歩できたら素敵ですね。

ゆっくり伊勢市駅へ戻って夕飯。大満喫の1日でした

次の日は内宮へ向かいます(=゚ω゚)人(゚ω゚=)

目次へ戻る

伊勢市駅から伊勢神宮内宮へのアクセス

2日目は伊勢神宮内宮へ。

今回伊勢旅行の拠点として宿泊したのは伊勢市駅前の三交インさんです。ホテルをチェックアウトして内宮観光へ出発しましたが、チェックアウト後も荷物を預かって頂きました。

ホテルチェックアウト後、まずは伊勢市駅前のバス停から伊勢神宮内宮を目指します。

伊勢神宮内宮行は10番乗り場から

伊勢市駅の目の前にバス停がありますので、10番乗り場から内宮行のバスに乗車しましょう。

(出典:三重交通株式会社HPよりお借りしました)

内宮前で降りるとすぐ目の前が内宮入口です。

おかげ横丁を通って内宮を目指したい方は一個手前の「神宮会館前」で降りるといいと思います。

blankまなこ
早朝はまだおかげ横丁のお店のほとんどが閉まっていますので、朝一番で内宮参拝に来られる場合は、内宮前で降りたほうがいいと思います!

神様と人を結ぶ架け橋「宇治橋」

伊勢神宮内宮に到着すると大きな橋が見えてきます。

まずはこの五十鈴川にかかる大きな橋、宇治橋を渡りましょう。

宇治橋は長さ101.8m、幅8.42mの大きな橋で、内宮参拝のシンボル的な写真撮影スポットでもあります。

blankまなこ
宇治橋は神様と人を結ぶ架け橋と言われています。渡り終える頃には自然と厳かな気持ちになりますね!

宇治橋を渡りきったらと長い一本道をまっすぐ進んでいきましょう。

五十鈴川と御手洗場(みたらし)に到着

立派な松が植えられた道を進むと手水舎に到着。こちらの手水舎で手を清めます。

しかし、実はこの手水舎のちょっと先に五十鈴川に降りられる場所があるんです。


blankまなこ
階段で川の近くまで下りられるようになっている上、川の流れもとっても穏やか。

こちらで手を清めてもOK!ひんやり冷たい五十鈴川のお水で身も心も清めてから参拝に進みましょう。

内宮参拝

五十鈴川の御手洗場の少し先に瀧祭神(たきまつりのかみ)があります。

まずはこちらで参拝のご挨拶。そして別宮風日祈宮から正宮皇大神宮へ向かいました。

立派な石の階段をのぼり、心静かにお参りします。神宮は二礼二拍手一礼

さらに道なりに進みます。その途中…

blankまなこ
立派な杉の木を発見!とても力強く迫力があります。

こちらの杉の木はパワーツリーとして有名なんだそうです。とても長い間内宮を参拝する人々を見守ってきたのでしょうね。

杉の木をすぎると左右に御稲御倉と外幣殿が見えてきます。

神宮神田でとれた稲がこちらの御稲御倉に納められ、内宮の祭祀に合わせて取り出され天照大神のお供え物として捧げられます。

さらに進むと正宮の裏手に出るので、階段を下りて荒祭宮へ向かいます。

blankまなすけ
お願い事をするときはこちらの荒祭宮でするのがよいとのことですよ

お参りの最後に御厩(みうまや)へ。

神馬に会いに行きました。写真は驚くといけないので撮りませんでしたが…大きくておとなしい美しいお馬さんでした。

内宮は外宮より時間にゆとりをもってまわろう

こちらで参拝完了!

内宮は外宮より境内が広い為、参拝には倍以上時間がかかりました。9時30分頃から参拝を開始、境内を後にしたのが11時30分頃でしたので参拝時間は約2時間

最後に立ち寄った参集殿は休憩用の座席スペースとお水の準備がありました。またこちらではお守りや御朱印帳も用意されていましたよ。

blankまなすけまなこ
厳かな空気の中、たくさんのパワーを頂きました!おなかもすいてきたところでお土産屋さんと飲食店の立ち並ぶおはらい町通りおかげ横丁に向かいましょう。

目次へ戻る

おはらい町通りとおかげ横丁

blankまなすけまなこ
真剣にお参りしたらおなかがすいた~!まずは腹ごしらえだ!

まずお邪魔したのは伊勢うどんのお店!

伊勢うどん 奥野屋

内宮を出ておはらい町通りに入ったすぐ近くのお店です。伊勢うどんとてこね寿司、どちらも食べたいよくばりさんにおすすめのお店!

伊勢うどん 奥野家

<まなすけチョイス>かつ丼と伊勢うどんセット

blankまなすけ
このボリューム感!!腹ペコなときにぴったり!

<まなこチョイス>てこね寿司セット 1,300円

blankまなこ
ザ☆定番チョイスながら大満足なボリューム感とお味!

伊勢うどんはふにゃ?いや、ふわ?っという感じの触感。

たれは出汁と濃いめのお醤油のしっかりした味です。たれとやわらかいうどんがすごく絡みます…おいしい

そしててこね寿司…!漬けまぐろが最高。もっとのせてほしいくらいですが、下の酢飯がしっかりと酸味が効いているのでこのくらいでちょうどよいかも。

奥野家さんは単品もありますがセットメニューも豊富。家族連れでにぎわっていました。

お食事を終えたら、あとは買い食い(笑)&お土産タイム~

内宮を出てすぐの奥野家さんからおはらい町通りをまっすぐ進みます。
奥野家さんのおとなりのお店にもイン!

ゑびや商店 松坂牛肉味噌

まなすけはモンドセレクションに弱い…!(*´∇`*)

松坂牛肉みそはちょっぴり辛みの効いたご飯のお供にぴったりな一品。こちらのお店は包装紙や袋もかわいらしいデザインですのでお土産購入にはもってこいです。

だんご屋

さらにおはらい町通りを進むと…

「だんご屋」という名前の団子屋さんを発見。そのままのネーミングに多少驚きました。実は名前が別にあるんでしょうか。

みたらし、黒蜜、きなこをチョイス!まなすけまなこまだ食べる…!

お店の裏手に五十鈴川があるので川を見ながら団子をむしゃり。きれいな川を見ながら食べるお団子は最高です。

川辺の段差に腰を掛けて食べましたが、机と椅子が置いてあるスペースもありましたよ。川辺にお花が咲いたらリアル「花より団子」ができるおすすめスポットです。

おかげ横丁

糖分も補給したのでさらに先へ。おかげ横丁に突入します。

路地もレトロな雰囲気満載です。こんな小道が多数。お店探しが探検のようで楽しい街並み。

いたるところにまねき猫

のびてる猫…(* ̄∇ ̄*)!

猫グッズも多数。猫好きにはたまりません。まなすけまなこはまねきねこのおみくじを引きました。その他にもこちらのおかげ横丁でお土産を購入!おかげ犬グッズもとってもかわいいですのでぜひチェックしてみてください

あっという間に両手はお土産だらけ…!

目次へ戻る

割烹温泉旅館「胡蝶蘭」で贅沢気分

内宮をゆっくり参拝し、おかげ横丁でたっぷりおいしいもの堪能、お土産をゲット。一度バスで伊勢市へ戻り鳥羽を目指します!

ホテルで預かってもらっていた荷物を受け取り、伊勢市駅から電車に乗ること15分で鳥羽に到着。

伊勢市から鳥羽もとても近いので移動も楽々です。鳥羽での旅程は鳥羽水族館へ行くことだけですので、宿泊場所は少しリッチな場所をチョイスしてみました。

今回お邪魔したのはこちら。

割烹温泉旅館 胡蝶蘭

鳥羽駅から車で約5分の場所にあるお宿です。なんとこちら、リムジン送迎付き。宿にお願いするとリムジンでお迎えに来てくれます。

リムジン無料送迎

  • 鳥羽駅から胡蝶蘭までリムジン無料送迎サービス(所要時間約5分)鳥羽駅に到着時に電話連絡すると送迎依頼で駅まで来てくれます。

※場合によりマイクロバスに変更になる場合があるので事前にホームページでご確認ください

鳥羽駅到着後まなすけが旅館へ電話。今から来ていただけるとのことで待つこと5分。

blankまなこ
リムジンやってきました!鳥羽駅前には他の宿のマイクロバスが多数止まっていましたが、胡蝶蘭のリムジン…!異彩を放っている!

運転手さんがリムジンの前で記念撮影をしてくれます。少し照れますが、何ショットも撮ってくれますので旅の記念になります。

なんといってもインパクト大。お子さん連れは特におすすめです。

撮影も終わったら乗車して旅館へ出発。

中は革張りのシート。そしてたくさんのグラス。社内の様子を楽しむこと5分。玄関へ到着。

海が目の前にあるお宿です。

まずは受付でチェックイン作業。荷物は仲居さんが運んでくださいます。

まなすけが手続きをしてくれている間に待合室で海を見ながらお抹茶を頂きました。いきなりのうれしいサービスにすでにまなこのわくわくが止まりません。

まなすけも合流。本格的なお抹茶。しばし休憩。お抹茶を飲み終わったころに係りの方がお部屋へ案内してくれます。

どきどき

お部屋への入り口。

新館デラックスの時季海(ときなごみ)というお部屋に宿泊しました。玄関前にちょっとしたアプローチがあります。THE☆旅館。どきどき

アプローチを抜けてお部屋に入ると広い玄関の先に畳の間が2つ続きになっています。とっても広くて綺麗です。

お部屋から見える景色。ん?

blankまなこ
え…!!!!でっかい伊勢エビ2匹…?!

明らかに驚きを隠せない二人に仲居さんはお部屋と部屋付きお風呂の説明をし、そのまま退出。伊勢エビは気になりますが一旦お茶をしつつ、休憩します。

お宿のお名前が胡蝶蘭だけあっていろんなところにお花が。

お部屋のお風呂は露天にさらに桧の内風呂までついてました

さらにゲルマニウム麦飯石の2種類つき。すごいサービス精神です。

部屋付きのお風呂は温泉ではありませんが、こちらのゲルマニウムと麦飯石を入れることで2つの効能を楽しむことができます。お宿の心配りがうれしいですね。

広い洗面所がふたつついています。奪い合いにならずにすみます。脱衣所も広い…!

お風呂は桧の内風呂と、露天風呂の二つ!桧の浴槽はたっぷり広め。

目の前が洗い場になっていて家族で入っても十分な広さ!夜の露天風呂に一人で入るのが怖いので、内風呂があるのがとってもうれしい。

外の露天風呂は一人用の大きさ。

ちょっとしたお庭が目の前にあります。すだれの先はお部屋から見える景色と一緒の場所です。この後に行きます浴場の方から見える景色も海側なので一緒の景色です。

サービス盛沢山!

お部屋とお風呂をみて、お茶も飲んだら早速お宿の展望大浴場に行ってみたいと思います!まだ時間も早いのでゆったり入れそうと期待。

展望大浴場は内湯露天の二つ。露天は1つのみなので男女入れ替え制とのこと。女性側が夜は露天、男性側は朝が露天の利用となります。

体を洗ってさっそく露天風呂へ。まなこ露天に入り衝撃の事実を発見。

blankまなこ
わりと近くに部屋から見えたあの伊勢エビ船が見える~!この露天まる見えなのか…?

でもご安心ください。ゆあみなるものが用意されており、こちらを着用して入浴してよいとのこと。小学生のプールの時のまきまきタオル的なやつです。

blankまなこ
ちなみに伊勢エビ船は団体客の食事に使われるそう。お風呂に入ってるときに人が乗っているような感じはなかったです~!そりゃそうか!お風呂上りは湯上りひんやりシャーベットのサービスがあります。火照った体に冷えたアイス最高です。もちろんこちらもおすすめ。まなすけチョイスの山村乳業フルーツ牛乳。

さて、ゆったりお風呂を楽しんだ後はお待ちかね….。゚+.(・∀・)゚+.゚

夕飯タイム!今回は伊勢エビづくしプランにしました。胡蝶蘭のお夕食は全てお部屋食です。団体客の場合は先程の伊勢海老船で食べられるそうです。

伊勢エビの量がすごい!胡蝶蘭の伊勢エビづくしプラン!

まずは前菜から。小さい器に色とりどりの盛り合わせが登場。

写真を撮り忘れてしまいましたが、写真右側にうっすら映っているのが伊勢エビのお造り。

この時頂いた食前酒がおいしすぎて、ソーダ割にしてジョッキで飲みたい~。

こちらは季節により変更有でお宿で作っているリキュールなんだそうです。今回頂いたのは柚子のお味のものでした。

次のお料理も伊勢エビ。

お次も伊勢エビ!伊勢エビは和にしても洋にしてもとってもおいしい。洋風仕立てのグラタンもとってもおいしい。

伊勢エビ以外にはカルパッチョや土瓶蒸しもありました。土瓶蒸しもやさしい味わい。

お部屋食なので食事のペースに合わせて仲居さんが配膳してくださいます。今どき部屋食はとっても貴重です。

あげたての天ぷらも登場。最後にごはんが目の前で炊き上がります。

さすがのまなすけまなこも限界…(*´Д`*)!

一生分の伊勢エビを摂取!

お部屋食は久々でしたが、気兼ねなくおいしいごはんを食べられて最高でした。真剣に食べた結果、取り逃したお料理がある気がします。ご了承ください。

blankまなすけまなこ
どのお料理も手が込んでいてやさしい味わい。お料理の説明も仲居さんがしてくださいます。大満足~!

明日の鳥羽水族館にそなえて速攻就寝!

チャックアウトは12:00なので朝も本当にまったり準備して出発する事ができました。

サービス満載の胡蝶蘭。おすすめです!

3日目はいよいよ伊勢&鳥羽旅行のラストイベント地、鳥羽水族館へ向かいます~(‘▽’*)

目次へ戻る

鳥羽水族館

2泊3日の旅も最終日に突入!最後に訪れたのは鳥羽水族館です。

昨日は鳥羽の温泉割烹宿「胡蝶蘭」にお泊りし、ばっちり朝ごはんもを食べ、朝風呂にも入り準備は万端。

さっそく鳥羽水族館へ向かいます。チェックアウト後、再びリムジンで鳥羽駅まで送って頂きました。

鳥羽駅のコインロッカーに荷物を預けて、鳥羽水族館へは徒歩で向かいます。

ちなみにまなこはマツコの知らない世界」の水族館特集を見てこちらの水族館を知りました。

鳥羽水族館情報

鳥羽水族館

鳥羽駅から徒歩10分。

鳥羽水族館の周りはこんな感じです。

きれいな景色をみつつ向います。途中こんなポストがあったりして

かわいい…ラッコポスト!!途中日影があまりないのでちょっぴり暑かったですが景色を見ながら向かうとあっという間です。

キャッチフレーズは飼育種類数日本一!

入口に到着しました!キャッチフレーズは本当なのか!?どんどん見ていきましょう。

入ってすぐに大きな水槽がありまして、そこで

いきなりカメ吉を発見!!!(゚ω゚=)!!!

みなさん鳥羽水族館のジュゴンのセレナとカメ吉はご存知でしょうか。

鳥羽水族館といえばジュゴンのセレナとカメ吉の仲良しっぷりが有名で二人の絆が絵本になったほど。

ふたりの絆を描いた本

  • ふたりはいつもともだち」:金の星社/1999発行 セレナとカメ吉の水槽をわけたらセレナがさみしくて食欲不振に陥ったという実話を元に作られた絵本です。

おんなじ水槽にいると思っていたのですが、この子は本当にカメ吉か…?真偽不明のまま奥へ…

おいしそうなタコ…!

爆睡中のアシカ…?本当にアシカでしょうか…???想像とちょっぴり違う。

活発なアシカ…?いろんな生態を間近で見ることができます。

からの幻想的に泳ぐスナメリ

スナメリの飼育下での繁殖は鳥羽水族館が世界初!イルカの仲間かな?と思いきや小型の鯨。言われてみればクチバシと背びれがありません…!

優雅に泳いでいます…美しい….。大きさはイルカより小さいくらいです。

よし、次はマナティの水槽に行こうか~(*´∇`*)!

まなすけまなこはシンガポールのリバーサファリでマナティを見てからマナティの大ファンです。

おっとりかわいらしいマナティを日本でも見られるとあって非常に楽しみにしていました。

マナティ―が逆さまになって寝てる!?

わくわく

からの

!!!え!!!

blankまなこ
こんなふうに寝る!?仰向けでまったく動かない!!ちゃんと生きてるか不安になるレベル!

あまりのリラックスムードにまなすけまなこ目が離せない!シンガポールにいたマナティもゆったりしているな~とは思いましたが、想像をはるかに超えてきました。さすが鳥羽水族館です。

こちらジャングルワールドにいたアフリカンマナティ。

こちらのゾーン。ピラルクやピラニア、電気ウナギなどなかなか強そうな魚たちが展示されるなか、マナティとカピパラが驚くべきゆるさでまったりしていました。(水槽は別ですが)

鳥羽水族館の水槽の分け方は他の水族館と違っていて、そういった面も人気の秘訣なんだろうなと思います。

興味深くずっと観察していると、マナティはず~っと寝ているわけではなく、うっ苦しい…となると

おっ!起きた。こんな感じでゆら~っと水面へ息継ぎに向かいます。

息を吸っているマナティ。

そしてまた同じ態勢に戻る(*´∇`*)マイペース

鳥羽水族館にいるマナティは2頭。オスの「かなた」とメスの「みらい」。

カメラ目線で泳いできたのはどっちかな?
この後、右手をぱたぱたして

器用に方向転換。マナティのしっぽはヘラっぽい。こんなに近くでマナティが見れるなんてとってもうれしい。

外の展示には「かなた」と「みらい」がどのようにして鳥羽水族館にやってきたかわかる掲示物もあり、見ごたえ十分です。

アシカショーの時間になったのでパフォーマンススタジアムへ。

ベテランアシカショーからの奇跡の森へ

おにいさんと一緒にあいさつした後は階段を勢いよくのぼり…

あらよって感じで

飛び込み…!そこからの…!!!

華麗にジャンプ!!!見事に決めました。そのあとは…

ドヤ顔(*´∇`*)!!!かわいい~おにいさんと息ぴったりで見ごたえがありました!

終わった後は出口が混雑していたので観賞席からそのまま3Fに上がり、外の景色を見ながら反対側にある奇跡の森へ向かいます。

ちなみに鳥羽水族館には観覧順路はなく、生き物の種類や生息環境に合わせて12種類のゾーンにわけて展示されています。

奇跡の森にいたじっと動かないスナドリネコ。大きさは通常の猫の倍くらいでしょうか。見た目は少し大きい猫。無心のようにも見えますが…じっと魚を見つめている…。

別名フィッシングキャット。実は結構狂暴らしいです。

スナドリネコの展示の正面がドクターフィッシュ体験ができる池になっていて自由に手を突っ込んで遊べます。

手を突っ込むとすごい勢いで群がってきます。まなすけ人気者!まなこはここが楽しすぎて大幅に時間をロス!周りの子供たちも楽しそうに体験していましたよ。

ドクターフィッシュに手をキレイにしてもらったら階段を降りて極地の海ゾーンにいるラッコを見に行きます。見たいところが多すぎて忙しい~

可愛すぎるラッコたち

ラッコいた!!飼育員さんにもらった貝を大事そうに抱えている。かわいい~

でも石を持っていないので、どうやって食べるんだろう…?と思っていると

ガラスに激しく叩きつける!!なるほど!!

ガラスの丈夫さもよくわかります。ガラスに近づいてきてくれるので水中の体毛の様子もはっきりわかります。水をしっかりはじいている。

 

あとはむしゃむしゃするだけ!!頭がいいな~と感心。

食べ終わった貝をポイ捨てして潜水!

もっと貝ないか~と言わんばかりに必死に探す。君が捨てた貝ばっかりだよ?なんて言いながらほのぼの見ていたらあっという間に時間がたっていました。

鳥羽水族館の展示は動物の生態がよくわかるようになっていて本当に関心してしまいます。動物たちが生き生きとしています。

次はセイウチショーの時間が迫っている…!水の回廊まで移動。生で見るセイウチはいかつい…!

関西系のノリでショーは進みます。ショーのラストにはセイウチが観覧席まで回ってきてタッチすることができます。迫力がすごいので若干ひるみます…(゚∇゚ 😉

ショーをみたらコーラルリーフダイビングに寄りながら、

おまちかね人魚の海へ!セレナに会えるぞ~!鳥羽水族館の人気者です。

まなすけと同級生のセレナと遭遇!

セレナ発見!!!(*゚▽゚*)

アマモを必死で食べるセレナ…!!

こうしてみるとジュゴンとマナティは似ているようで結構違いますね。ちなみにマナティはレタスと白菜を食べていました。

水槽の中にカメ吉を探してみます。

やはりカメ吉は不在。入口にいた子がカメ吉だったのかな?

む!ちょっと苦しくなってきた模様。

もぐもぐしつつも…浮上!

空気をしっかり吸ってます。いや~下から見ても大きい。空気を存分に吸ったら食事のつづき

ちょっとブレてしまった…つぶらな瞳がとっても愛らしい。しっぽはこんな感じです。

マナティはヘラっぽかったですが、ジュゴンはイルカとかと似ています。終始もぐもぐもぐもぐ。かわいい~(* ̄∇ ̄*)

ちなみにセレナは今年鳥羽水族館に来て30年!鳥羽水族館をLINEでともだち登録するとクリアファイルがもらえました。

あとはがちゃがちゃを引いて帰るだけ!!これをお土産にしようと決めていました!セレナがいいな~💛

どきどき

!!!!……これは……!!!!一発でセレナあったった~~💛💛💛

カメ吉も引くと二つのフィギュアを合体させてひとつのオブジェにできる仕様。でも今回カメ吉と一緒にいなかったしいいかな!ということでこれにて鳥羽水族館完全制覇(=^▽^=)ノ大満足☆

飼育種類数日本一!がキャッチフレーズだけあって、本当に見ごたえたっぷりです。食事も忘れて見入ってしまいました。中にはこんなにいれて平気なの!?と思う水槽もあるくらいで(=゚ω゚)びっくり。

まなすけまなこが訪れた時は「超危険生物水族館」というイベントがやっていました。本当に珍しい生き物がたくさん…!!!

魚だけでなく、毒のある爬虫類や虫などもたくさん展示されていました。今話題のヒアリの展示も興味深かったです。あんなに小さいのか~。これは絶対に気づけない。

超危険生物水族館の展示ゾーンは本当に恐ろしい生き物がたくさんいすぎまして…まなこは若干トラウマになりました(((( ;゚д゚)))

しかし、そのマニアックさもこの水族館の魅力なのですね。イベントもチェックして訪れるとより楽しめると思います!!!!

ごはんも食べずにいたので鳥羽駅への帰り道ちょっと寄り道。

帰りは近くの赤福氷で腹ごしらえ

これは…

赤福の赤福氷です。おいしすぎて旅行中二度目の実食!

中はこんな感じであんことおもちが入っています💛抹茶蜜がとても合う…!

心も体も大満足!2泊3日のあこがれの伊勢旅行は大変濃い内容となりました。

帰りは寝るだけ。

目次へ戻る

まとめ

長くなってしまいましたが、2泊3日伊勢&鳥羽の旅完了です!

今回は2泊3日と短い期間でお伊勢参りと観光をしてきましたが、伊勢&鳥羽を充分に楽しむことができました。

blankまなこ
祝日を合わせた3連休とかに行くのがおすすめですね

これから伊勢&鳥羽に旅行に行かれる際は是非参考にしてみてください。

今回、まなすけまなこはお得なきっぷなどは使用しませんでしたが、旅行プランによってはそちらを利用するのもいいと思います。

お得な切符情報

  • まわりゃんせ
  • 伊勢神宮参拝切符
  • 鳥羽水族館割引切符
  • 志摩スペイン村パルケエスパーニャ・フリー切符
  • etc…

伊勢神宮、そして鳥羽水族館と思い出に残る旅になりました(* ̄∇ ̄*)

見どころ満載の伊勢&鳥羽旅行。とってもおすすめです。

目次へ戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA