イオミックのグリップ交換会でかかる費用・価格は?実際に交換してみました

イオミックのグリップ交換会で交換してきました

こんにちわ。

まなすけまなこ(manasukemanako)です。

高校生、大学生時代から少しゴルフをやっており、社会人になってもコンペ等で半年に一回程度ゴルフをやってます。

昔から買い替えることなく使っているテーラーメイドのrac LTアイアンですが、さすがにグリップが擦れて滑るようになってきたので、今回グリップ交換をすることに。

blankまなすけ
使用頻度にもよりますが、ゴルフクラブのグリップは最低でも2~3年毎に交換したほうがいいみたいですね。まなすけのアイアンは15年以上変えてません

最初はAmazonでグリップを購入して自分で交換しようと考えていたのですが、いつも行っている練習場に「イオミックのグリップ交換会」の広告が。

交換工賃無料!5本交換で1本無料交換!即日お渡し可能!

グリップ交換に少し不安があったので、こっちのほうがいいんじゃないかな?と思い、グリップ交換会に突撃してきました。

blankまなすけ
2003年のテーラーメイドのrac LTアイアンとパターのグリップをイオミックのグリップ交換会で交換してきたので紹介していきます

イオミックとは?

イオミックはゴルフクラブを構成する「ヘッド・シャフト・グリップ」の中で、グリップを専門に提供している会社です。

イオミック

  • 会社名:株式会社IOMIC
  • 住所:〒542-0081 大阪府大阪市中央区南船場4丁目-10-3 ナガホリ大阪ビル

ゴルフクラブを提供している会社のほとんどが「ヘッド・シャフト」に力を入れているので、グリップに着目したイオミックは少し珍しい会社といえますね。

イオミックのグリップ交換会

イオミックは定期的にゴルフショップのゴルフパートナーやPGA TOUR SUPERSTORE等でグリップの交換会を開催しています。

blankまなすけ
イオミックのグリップ交換会スケジュールはこちらをチェックしてみてください

イオミックのグリップ交換会

  • 交換工賃無料
  • クラブ5本のグリップ交換で1本無料(5本分の価格で6本のグリップ交換ができます)
  • 即日お直し可能
  • 注意点:イオミックのゴルフグリップが対象(他製品交換不可)

グリップ交換の流れ

①交換するクラブの選択

ドライバー、フェアウェイウッド、アイアン、ウェッジ、パターをチェックして、グリップに劣化がないか確認しましょう。

ラウンドや練習頻度にもよりますが、2~3年程度でグリップの溝がなくなる、ゴムが硬くなる等が出てくるので交換タイミングです。

②グリップ選び

イオミックのグリップを選びましょう。

イオミック グリップ X-Grip Series

イオミック グリップ Art Grip series

blankまなすけ
X-Gripシリーズのような単色は1,400円(税抜)、Art Gripシリーズのような2色以上混ざったグリップは1,600円(税抜)でした

その他にもイオミックのグリップには色や素材、重さ、薄さが異なるグリップがあるので、交換会では実際に握って一番しっくりきたグリップをチョイスしましょう。

③グリップ交換

グリップが決まったらイオミックの店員の方に交換をお願いしましょう。その際、価格(伝票)とグリップ交換時間を教えてくれます。

④お支払い

伝票を持って先にお支払いをします。今回グリップ交換にかかった費用はこちら。

グリップ交換費用

  • 5I~PW(6本):1,400円×6本=8,400円(税込み9,240円)
  • SW(1本):5本で1本無料のため0円
  • パター(1本):3,800円(税込み4,180円)
  • 工賃:無料
  • 合計:13,420円(税込み)
blankまなすけ
パターのグリップ交換をする予定ではなかったのですが、イオミックのパターグリップが予想以上にしっくりきたので交換しちゃいました

⑤クラブ受け取り

最初は1時間程度かかると言われましたが、ゴルフ練習を30分程度した後にチラッと様子を見に行くとすでに終わってました。

当日受け取りができない場合はグリップ交換会を行っているお店に預かってもらえるので、後日受け取りに伺えば大丈夫です。

グリップ交換写真

こちらが2003年テーラーメイドのrac LTアイアンのグリップです。コードありのグリップになります。

使えないこともないですが、グリップの溝がほとんどなくなってしまっているので、グリップ力は皆無に近かったです。あと金属のように硬いのでトップやダフリの時の衝撃が直接手に伝わってました。

こちらが交換したイオミックのグリップです。いろんなグリップを握って一番しっくりきたこちらのグリップをチョイスしました。

色は5I~9Iまでが黒、PW・SWを赤にしています。理由はグリーン周りの時に一緒に持っていくゴルフクラブを忘れないようにするためです。

blankまなすけ
グリーン周りは基本PW、SW、パターを持って行き、グリーン周りのプレーが終わるまで近くに置くので、次のホールに向かうときクラブを忘れないよう鮮やかな色のほうが良いです

こちらは交換予定がなかったパターグリップです。このパターグリップは厚いのが特徴で、パターをする際にしっかりとグリップができるのでブレをなくしてパッティングすることができます。

色は赤や青、黒があるので自分に合った色をチョイスしてくださいね。

blankまなすけ
グリップが薄いパターを利用している方は、ぜひ一度このグリップを使ってみてください

グリップ交換は必要?

交換する前はそこまで必要ではないと思っていましたが、実際に交換して使ってみるとグリップ交換は必要です。

グリップは自分の手が直接接する唯一の部分となります。グリップの太さ、素材、滑り止め等の影響で握る感触が変わるので、クラブを構えた時の感じやスイング時の感覚が変わってくる重要なパーツの一つです。

今までグリップにはあまり興味がなかった方や、中古クラブのグリップのまま使っている方等、一度グリップを見直してみるといいですね。

blankまなすけ
まずはお試しでも良いので、直接グリップを握ってみて判断するのが良いです

新しいクラブを購入したほうがお得?

今回アイアンだけの交換で税込み9,240円だったので、1万円以内で今使っている以上のクラブを購入できるのであればお得です。

アイアンセットであればAmazonや楽天市場だと3万円代から購入することもできるので、追加予算があるのであればアイアンセットを新調するのもアリですね。

blankまなすけ
ちなみに、まなすけは最後まで悩んで予算の都合上グリップの交換を選択しました。購入するか迷っていたアイアンは以下の2つ。
blankまなすけ
ソール部分がV字になっているのでスイングの抜け感が良いアイアンです。飛距離UP+コントロールしやすいアイアンになってます。
blankまなすけ
お手軽な値段で高品質なテーラーメイド。ドライバーはプロも使っているm5/m6シリーズのアイアンです。ソールが厚く打ちやすく、ミートがズレても距離&コントロールを維持できるアイアンになってます。

2003年のテーラーメイドのrac LTアイアンなので新しいアイアンセットが欲しかったですが、まずはゴルフボールにしっかりとミートできるスイングと体幹が必要だと思い諦めました…

70台で回れるようになったらご褒美に購入したいと思います。

まとめ

実際にイオミックでグリップ交換をして思ったのが、ヘッド・シャフト以上にグリップは重要だということです。

今までグリップはそこまで重要じゃないと思い交換等してきませんでしたが、実際に交換してスイングするとその違いがわかりました。

クラブの購入を検討している方、グリップにそこまで興味がなく購入後交換していない方は、グリップを見直して交換してみてはいかがでしょうか。

クラブにセットになっているグリップではなく、グリップ専門のイオミック製を使うことで、今までとは違う感触、フィーリングでゴルフのスイングができるようになります。

近くのゴルフパートナー等でイオミックのグリップ交換会がある時は、交換しなくても良いので、一度見に行ってみてくださいね。

ご自身でグリップ交換できる方は、Amazonや楽天市場で購入して使ってみてください。

基本グリップ(単色)

基本グリップ(混色)

パターグリップ(極厚)

blankまなすけ
アイアンのグリップがヘタッてきたらイオミックのグリップを使ってみよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA