テーマ変更中です

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイの魅力と楽しみ方を紹介!観光するにはおすすめのスポットです

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイはシンガポールの象徴的スポット!

こんにちわ。

まなすけまなこ(manasukemanako)です。

シンガポールは南国の植物に囲まれたガーデンシティとしての側面も有名。

特に近未来型植物園と呼ばれる「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」、国立植物園である「ボタニック・ガーデン」はシンガポールを代表する観光名所です。

今回は近未来都市型植物園「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」の楽しみ方とその魅力を徹底ナビゲートしていきたいと思います。

この記事のポイント
  • スーパーツリーグローブのベストタイムは昼にスカイウェイ、夜はガーデンラプソディー
  • クラウドフォレストは未知の植物を楽しむ
  • フラワードームはインスタ映えスポットだらけ

近未来都市型植物園「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」とは?

2012年6月にオープンしたガーデンズ・バイ・ザ・ベイは、101ヘクタールの広大な敷地に作られた国立公園です。

上空から撮影した写真を見るとその広さは一目瞭然…!↓

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイの大きな特徴としては、「自然と最新技術がコラボした未来型の植物園である」という点。

植物園内で特に人気のスポットは以下の3か所。

人気スポット

  • ス-パーツリーグローブ
  • クラウドフォレスト
  • フラワードーム
まなこ
特に「スーパーツリーグローブ」は最新技術を使った昼も夜も楽しめるスポットとしてガーデンズ・バイ・ザ・ベイの象徴的スポットと言えるでしょう!

まずはスーパーツリーグローブから見ていきましょう!

スーパーツリーグローブの昼間の楽しみ方

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイのシンボル的存在なのが、高さ25~50mの巨大ツリーが集まる「スーパーツリーグローブ」!

園内には植物が植えこまれた人口巨木「スーパーツリー」が計18本あり、「スーパーツリーグローブ」はそのうちの12本が集まっているエリアです。

スーパーツリーの特徴

スーパーツリーをただのモニュメントと侮ることなかれ!

日中の強い日差しを遮る木陰としての機能はもちろんのこと、様々な楽しみ方が隠されているんです!

①OCBCスカイウェイ

ツリー間には高さ22m、全長128のつり橋「OCBCスカイウェイ」がかかり、スーパーツリーと同じ目線でガーデンズ・バイ・ザ・ベイやマリーナエリアを一望することができます。

OCBCスカイウェイ【料金】大人$8/子供(3~12歳)$5

【販売】OCBCスカイウェイ入口エレベーター付近

【営業時間】9:00am~9:00pm

【販売時間】最終チケット販売・入場8:00pmまで

上から見る景色はスリル満点!

まなこ
ガーデンズ・バイ・ザ・ベイは相当広いので、まずは昼間のうちにOCBCスカイウェイに上ってエリア全体を見渡してみると位置関係が把握できるのでおもしろいですよ♪
注意点

  • 午後5:00~午後8:30はピーク時刻となるため、混雑が予想されます
  • 悪天候などの理由により、営業時刻の変更、入場制限などを行う可能性があります

構造上、一度に大勢の人は乗れないので混雑時の待ち時間には注意が必要です。また雨天の場合も落雷等の危険を加味し、時間をずらすなど指示されることもあるようですので、こちらもご注意ください。

②展望レストラン「スーパーツリー・バイ・インドシン」

最も高い50mのスーパーツリーのトップ部分は展望レストランがあり、多国籍料理を楽しむことができます♪

まなこ
展望レストランがあるのは知らなかった!結構穴場かも…?

③ソーラーパネル

ツリーのトップ部分にはソーラーパネルが内蔵。昼間のうちに電力を貯めて置ける仕組みになっています。

また、かさの部分に貯まる雨水は屋内植物園への給水システムに利用できるうえ、ドーム内の排気口の役割も果たす最新技術満載の超優れもの。

まなこ
こういった最新技術を駆使した多機能性が未来型植物園と呼ばれる所以なんですね!

昼間も十分楽しいスポットなのですが、夜にはまた違った楽しみ方ができるんです。

スーパーツリーグローブの夜の楽しみ方

19:00頃、徐々にスーパーツリーのライトが点灯し始めます。

それだけでも幻想的なのですが、更に毎晩2回、約10分間の音と光のショー「OCBCガーデン・ラプソティー」が開催されています。

OCBCガーデン・ラプソティー【料金】無料

【ショータイム】①7:45pm ②8:45pm

こんなに美しいショーが無料でたのしめちゃうなんてすごい…!!!

ショータイム中は壮大な音楽に合わせてスーパーツリーのライトアップカラーが変わっていき、なんとも幻想的な雰囲気となります。

ただし、以下注意↓

注意点

  • 午後7:00~午後9:00は混雑ピーク時刻
  • ショー終了後は人が一斉に駅に流れるため、駅までの道も大変混雑します
まなこ
ショー開始の30~40分前にはスタンバイして見学スペースを確保!帰りは時間に余裕をもっておくと安心ですね♪

続いて屋内展示施設への移動してみましょう。

ドーム型の2つの室内植物園

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ内には以下2つのドーム型の植物園があります。

下の写真の赤枠部分↓

写真手前が「フラワードーム」、奥側が「クラウドフォレスト」です。

クラウドフォレストは、表面積は12,000㎡。690種類もの異なるサイズ・形状のガラスパネルを2,577枚使用。室内庭園では世界でNO1の高さを誇る滝を設置。

フラワードームは、表面積は16,000㎡。42種類もの異なるサイズ・形状のガラスパネルを3,332枚使用。ギネスにも登録されている世界最大のガラス温室。

まなこ
イメージつきにくいけど、想像をはるかに超えたとんでもないドームだってことはわかった…

どちらも室内植物園ですが、植物の展示方法がかなり異なります。

入場にはチケット購入が必要です。

観光客の場合は、単体チケットはないためフラワードームとクラウドフォレストの共通チケットを購入しましょう。

<チケット料金表>

共通チケット 大人 子供(3~12歳)
料金 $28 $15

※チケット購入から1年間は無制限で入場可能

※シンガポール在住の場合は上記料金とは異なります

項目 フラワードーム クラウドフォレスト
営業時間 9:00am~9:00pm
最終(販売/入場) 販売・入場ともに8:00pm
ピーク時間 4:00pm~7:00pm

フラワードーム、クラウドフォレストともに見ごたえのある施設ですので、時間が許す限りじっくり見学するのがおすすめ!内部の様子を詳しくご紹介していきます!

まずはクラウドフォレスト内部から↓

クラウドフォレスト

クラウドフォレストは室内植物園ですが、内部が立体的な造りとなっており、超近未来型と呼ぶにふさわしい一風変わった内部構造となっています。↓


(出典:gardens by the Bay公式HPより)

想像をはるかに超えたとんでもないドームの中はどうなっているかさっそく見ていきましょう♪

THE FALLS

入口から入ってすぐ!

いきなり現れるのは30mの高さから落ちる滝!!室内に設置された滝では世界NO1の高さを誇るだけあって大迫力!

こちらの滝にはミストタイムというものがあり、

ミストタイムのスケジュール①10:00am

②12:00pm

③14:00pm

④16:00pm

⑤18:00pm

⑥20:00pm

上記スケジュールで霧が噴射。霧が噴射されるとドーム中央の緑に囲まれた山が霧に包まれ、少しひんやりと感じられます。

まなこ
もやがかったタワーがなんとも幻想的で天空の城ラピュタのような雰囲気に!ジブリ好きにはたまらん空間です…

ドーム内はこの山を中心にぐるっと上りながら植物や景色を楽しむことができる造りになっていますので、植物を探しながら進んでいきましょう♪

めずらしい植物たち

壁面にある植物はどれも珍しいものばかり。ランダムに植えられていていますので、探検気分を味わえるのもこのクラウドフォレストの魅力的な点。



まなこ
どれも色鮮やかで初めて見るお花ばかり…室内の暖かさとミストのおかげかどのお花もいきいきとしていますね♪

お花を楽しみつつ、上を目指して進んでいくといつの間にやらかなり高いところまで到達。

一番上のCLOUD WALKはかなりせり出した造りになっているので高いところが苦手な方は少しヒヤリとするかもしれません。

スーパーツリーグローブのOCBCスカイウェイと同じく長いスロープの上から景色が楽しめる造り。

ぐあ~、足がぷるぷるする(笑)

一番最初にみた滝の噴出口のすぐ近くまで登ってこれます。

クラウドフォレストは立体的な構造を活かした展示方法がかなり特徴的。植物に興味がない方も最上階からの眺めやスリル満点のスロープ、霧の立ち込める園内の雰囲気にわくわくすること間違いなし!

まなすけまなこ
普段植物にはあまり興味のないまなすけまなこでも終始楽しむことができましたよ!

ちなみに園内の植物について詳しく知りたい方向けのイベントも開催されています↓

ASK Me!に参加する

(出典:gardens by the bay公式HPより)

「ASK Me!」はクラウドフォレスト内で開催されている無料のガイド付きツアー。

ツアー概要【料金】無料 ※クラウドフォレスト入場料は必要

【所要時間】約15分

【人数】5人以上集まった時点で開始

※開催スケジュールを公式HPで確認の上ご参加ください

※クラウドフォレスト内THE FALLS、TREE TOP WALKの「ASK Me!」のポスター前集合

まなこ
珍しい植物の名前や生息地などを知ることができるガイドツアー!時間に余裕があれば参加してみるのもおすすめです♪

続いてクラウドフォレストのすぐお隣、フラワードームへ移動していきましょう。

フラワードーム

続いてフラワードームへ!

立体的な構造だったクラウドフォレストに対して、フラワードームは平面構造。

イメージとしてはこちらの方がオーソドックスな植物園に近い造りになっています↓ 

(出典:gardens by the Bay公式HPより)

フラワードームは2015年にギネス世界記録にも認定されている世界最大のガラス温室。

室内は23-25°に保たれ、涼しく乾燥した地中海の気候を再現。庭園内は9つのゾーンに分けられていて、珍しい植物が数多く展示されています。

フラワードームはインスタ映えスポットの連続

温室内は1年中色とりどりのお花が咲き誇り、色鮮やか。

ゾーンごとにはっきりと特色が異なっているのもこの庭園の特徴のひとつ。

カラっとした熱帯の気候を感じられるゾーンもあれば、

物語の世界に迷い込んだようなストーリー性を感じさせるゾーンがあったり。よーく探してみるとお花や草木が生い茂るその奥にプーさんがいたりもする!

色とりどりのバラが一面に咲き誇るゾーンはもう圧巻…!

まなこ
ゾーンごとに異世界に迷い込んだような錯覚を起こすほどに見事な空間づくり…!!!インスタに乗せればいいね!間違いなしのおすすめスポットです♪

季節限定イベントに注目!

フラワードームでは定期的に趣向を凝らしたイベント展示を開催しています。

2019年3月9日~3月31日までは桜祭り。日本をテーマにした舞台に400本以上の桜の木を集めた盛大な展示となっているようです。

 (出典:gardens by the bay公式HPより)

ちなみに、まなすけまなこが訪れた際はテーマはチューリップマニアというイベントでした!

オランダ出身の有名画家「ゴッホ」からインスピレーションを受けた展示となっていて、ゴッホの絵に用いられている色の配色をチューリップで再現しています。

イベント会場に集められたチューリップの種類はなんと100種類!

まなこ
色とりどりのチューリップにたくさんの方が目を輝かせていましたよ♪

ご来場の際にはぜひイベントのチェックをお忘れなく!

老若男女が楽しめるガーデンズ・バイ・ザ・ベイ!

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイの魅力をたっぷりご紹介してみました!

いかがでしたでしょうか?

無料でここまで楽しませる?!と驚くこと間違いなしのスーパーツリーグローブから、世界最大の滝!そして広さを誇るガラス温室までその魅力は書ききれない程!!

シンガポール観光の際には絶対に立ち寄ってみてくださいね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA